人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

キャリア、転職よもやま話

休養をマネジメントする

Apple Watchを利用していると、ランニング・ウォーキングなどの一定期間継続する有酸素運動を通じて最大酸素摂取量を計測してくれる。 日々トレーニングを続けているのだが、この半年ちょい、ひたすら数値が下がり続けている。 スマートウォッチによる計測は…

持ち時間5分と言われたら

仕事の折々で、「じゃあ持ち時間5分でお願いします」とスピーチをお願いされることがあると思う。 大抵の人は困るんじゃないだろうか。 普通、何をどう喋っていいか見当がつかないからだ。 稀に、喋りたいことが山ほどあるのに時間が短すぎる、という人もい…

人の評価

そろそろ前期の人事評価の時期ですな。 本人の給料や将来のキャリアに影響するので、評価者としては非常に責任が重いし、だからこそ向き合わなければ存在意義がない。 あらかじめ出来る限り具体的に目標設定を行い、評価者・被評価者双方で納得した上で業務…

青い鳥は何処へ

何の気なしに積読在庫から手に取る。 働くみんなの必修講義 転職学 人生が豊かになる科学的なキャリア行動とは 作者:中原 淳,小林 祐児,パーソル総合研究所 KADOKAWA Amazon 「働くみんなの必修」かどうかはなんとも言えないが、転職エージェントを仕事にし…

教養とは人に優しく出来ること

こんな本を読む。 別冊NHK100分de名著 メディアと私たち (教養・文化シリーズ) 作者:堤 未果,中島 岳志,大澤 真幸,高橋 源一郎 NHK出版 Amazon Kindle日替りセールでおすすめされた一冊。 現代に生き、それなりに本を読む人間としては気になる内容ではないか…

キャリアの降り方

Kindle日替りセールでこんな本をポチる。 ディズニーキャストざわざわ日記――“夢の国”にも☓☓☓☓ご指示のとおり掃除します 作者:笠原 一郎 三五館シンシャ Amazon 小生はディズニーリゾートにあまり興味はない方だと思う。 実家が近くにあり、中で働いていた人…

自分の技は自分で切り拓け

※5月2日はお休みをいただいておりました。 今日のエントリーは素人さん置き去りである。 Amazonポイント還元セールで武術書をまとめ買い&固め読み。 “円”の合気 修得のキーワード! 作者:成田新十郎 BABジャパン Amazon 新装増補版 日本柔術の源流 竹内流…

負荷を上げられるか

毎朝走っていると、割と同じ顔ぶれのランナーに出くわす。 本当に人それぞれ、個性全開で、たかだか走るという人間として基本的な動作にも、大きな違いがあって興味が尽きない。 まぁ人様のフォームを見てああだこうだと言うのは本当に余計なお世話なんだけ…

ことは簡単ではないが

こんな本を読む。 実はSDGsに繋がるのか…? パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ! ママの社会進出と家族の幸せのために 作者:前田 晃平 光文社 Amazon タイトル通りの主張ではあるのだが、著者の体験から導かれる内容と、子育てに力を入れている明石市への…

オンリーワン戦略

こんな本を読む。 「雑草」という戦略 予測不能な時代をどう生き抜くか 作者:稲垣栄洋 日本実業出版社 Amazon 本著者による雑草の戦略に関する本を読むのは三冊目だったろうか。 毎度面白いんだけれど、本書は特にビジネス書読者をターゲットに、いまどきの…

リソースには限りがある

何を当たり前なことを、という話。 先月まで月間300キロのランニングを継続し、今後どうしていくかを試行錯誤している。 毎朝10キロ走っても良いのだが、ケトルベルや合気道の一人稽古が朝のルーチンから押し出されるのがやや不満、というのが試行錯誤の発端…

重要で実行可能なもの

こんな本を読む。 良い戦略、悪い戦略 (日本経済新聞出版) 作者:リチャード・P・ルメルト 日経BP Amazon Kindle月替りセールで買ったのだろうか。 非常に評価が高かったのと、著者の名前は耳にしていたので手にしたのだ。 少々長い本で、要点を整理すれば三…

合わない本は読まんでよろしい

こんなタイトルでしかも読むのをやめた本を紹介して良いものか。 まぁ相性というものがあるので、あくまでも小生の場合はということで、ご容赦願おう。 志を育てる 増補改訂版―リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために 作者:グロービス経営大学…

あれか、これか

仕事だとかプライベートだとか、難しい決断を迫られることがある。 「あれか、これか」まさしく「迫られる」ことがあるのだけれど、そこで少し冷静になってみたい。 「あれも、これも」はできないのかと。 もちろんそんなことは難しいのはわかっている。 「…

やる気は狙って出せるのか

なんか昨日に引き続き疑問形のタイトルで恐縮だ。 今朝方こんな記事を読む。 president.jp 記事の後半に、上司が「やる気を出せ」と言ってもダメだ的なことが書いてあり、そんなの当たり前だろうと思ったりはする。 一方で若手社員の育成を担っている立場と…

帝王学を学べば帝王になれるのか…それが問題だ

Kindle日替りセールで遭遇したので再び中国古典に触れる。 座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」 (角川新書) 作者:出口 治明 KADOKAWA Amazon 出口さんの本は久しぶり。 それにしても流石の博識である。 本書でとり上がられている貞…

天才待望論

本職?に関わるのでこんな本を読む。 イノベーションはなぜ途絶えたか ──科学立国日本の危機 (ちくま新書) 作者:山口栄一 筑摩書房 Amazon 出会いはKindle日替りセールだったと思う。 このテーマに類する本はそれなりに読んできたし、どの本も結論に大きな違…

日本人のメンタリティをここに見た

禅宗続きでこちらを読む。 道元「典座教訓」 禅の食事と心 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫) 作者:道元,藤井 宗哲 KADOKAWA Amazon 補足が必要かと思う。 禅宗、特に曹洞宗では日常の全てを修行と心得る。 禅寺で修行僧たちの料理を作る役回りを「…

月間300キロ走の振り返り。

昨年の10月から月間300キロのランニングを継続し、半年が経過した。 ま、ランニングのモチベーションが高まったタイミングで、多くのサブスリーランナーがこなしている月間300キロという練習量はどんなものなのか、試してみたくなったのである。 正確には9月…

入門書は一冊でいい

続けてこんな本。 よくわかる曹洞宗 重要経典付き (角川ソフィア文庫) 作者:瓜生 中 KADOKAWA/角川学芸出版 Amazon 曹洞宗を「掘る」ことにしたので、続けて買って読んでしまったのだが、前に読んだ本と記載されているカテゴリーや内容は見事なまでに被って…

ただひたすらに学ぶべし

禅の本から続いて興味をおぼえたので、続けてこんな本を読む。 図解 早わかり! 道元と曹洞宗:一行三昧──ムダに考えない。ただ坐る 三笠書房 Amazon 自分でも何を求めているのか良くわからんが、曹洞宗の教えはなんだか個人的に馴染みが良さそうな気がする。 …

やりたくないことはやらんでよろしい

こんな本を読む。 昼スナックママが教える45歳からの「やりたくないこと」をやめる勇気 作者:木下 紫乃 日経BP Amazon Kindle月替りセールで見つけ、あまりに高評価だったので読んでみた次第。 リクルートOGのキャリア論となると、縁が沢山あるので素通りは…

宗教は新たな形で人間に寄り添うのか。

こんな本を読む。 最後にあなたを救う禅語 作者:大愚 元勝 扶桑社 Amazon 中国古典を読み漁っていたわけだが、そのジャンルの積読在庫が尽きてしまったので、ちょっと関連するかな、達磨大師だし、という浅はかな発想で引っ張り出してくる。 Kindle日替りセ…

継続にマンネリは敵なのか

毎日走っている。 雨の日は走らないようにしているので、365日というわけではないのだが、今のところは大体10キロ、月間300キロを目標(目安?)に走っている。 どうも性格的に、同じことを繰り返すことが合っているように思っていたので、トレーニング理論…

スマホは家族をダメにするのか

家族で食事に行ったのである。 小学生の娘がいるので、入る店は同じく家族連れが多い店になる。 そこそこお洒落なエリアのお洒落な店で、店にいる家族もそれなりに良い持ち物なので、まぁ良いところの皆さんなんでしょう。 そういう中での、いわゆるスマホ育…

学を為して世に問うのもしんどい

中国古典が続く。 韓非子 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫) 作者:西川 靖二 KADOKAWA Amazon 「中国古典一日一話」の中に韓非子が取り上げられていて、なんとなくサラリーマン処世術的に役立ちそうだったので買ってみる。 原文、読み…

いまどきのホワイトカラーの仕事とは(あるいは中間管理職の愚痴)

人材周りの仕事をした経験があったりするし、サラリーマン生活も長くなっていろいろな経験を積むと、ホント日本の労働法とか労務環境って、製造業をベースに作られているなと思うわけです。 それが悪いことと言いたいわけではないのだが、上手く運用しないと…

普遍的な知恵をどう活かすか

そんなわけで中国古典の積読在庫を引っ張り出す。 別冊100分de名著 老子×孫子 「水」のように生きる (教養・文化シリーズ) 作者:蜂屋 邦夫,湯浅 邦弘 NHK出版 Amazon 無為無想なイメージがある老子と、戦国時代の謀略書のイメージがある孫子に共通点を見出し…

まだまだ我々には特別な知恵

こんな本を読む。 中国古典「一日一話」―――世界が学んだ人生の参考書 三笠書房 電子書籍 作者:守屋 洋 三笠書房 Amazon 古き知恵、繋がりで中世のイタリアから中国の古代に飛ぶ。 昔Kindle日替りセールで買ったものだと思う。 老子、論語、孫子、韓非子、菜…

全てに努力した人間が確かなものを残す

こんな本を読む。 世界初のビジネス書 15世紀イタリア商人 ベネデット・コトルリ15の黄金則 すばる舎 Amazon 本書は、中世の商人が残した箴言集とでもいうもので、世界最古の複式簿記の考え方が記載されていたりと、歴史的にも意義深いものらしい。 原典は若…