人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

2023年の変化5

Apple Watch2台持ちをやめた。 2台持ちしとったんかい、という話なのだが、していたのである。 周知の通りApple Watchはバッテリーの持ちがよろしくない。 時々やけに減りが早い時もあるし、時間の経過とともにバッテリーもへたって来るし。 で、シリーズ…

2023年の変化4

iPhone買い替えたぜ。 iPhone11Pro MaxからiPhone14へ。 バッテリーの消耗がまあまあ進んできたのと、それに伴ってか、カーナビで利用しているときによく落ちるようになったり、ということもあり。 もう3年経過したから良いかなと。 ここで新しい試みとして…

2023年の変化3

仕事術に終わりはない。 今年もあれこれ試行錯誤をする中で、タスクシュート時間術というキーワードを目にする。 なぜ,仕事が予定どおりに終わらないのか?~「時間ない病」の特効薬!タスクシュート時間術 作者:佐々木正悟 技術評論社 Amazon で、この本は…

2023年の変化2

セールでモノを買うのをやめた。 一番の変化はKindle日替わりセールを毎日チェックすることをやめたことだが。 Kindle日替わりセールで買った本が300冊を超え、真剣に読んでも消費に2年かかることに気付き、ペースを上げて読み出したのが昨年。 それでも読み…

2023年の変化1

23年も1ヶ月が経とうとしている。 今年に入ってSNSから距離を置くようにしている。 普段よく触るのはFacebookとInstagramなんだけれども。 アルゴリズムの変化があったからなのか、なんというかFacebookの投稿が決まった人ばかり表示されるようになり、フォ…

若かったということか

「もしドラ」を読んだので、元になった方をちゃんと読もうと。 マネジメント[エッセンシャル版] 作者:P F ドラッカー ダイヤモンド社 Amazon 会社の書棚にあったものを借りて読んでいたのだが、眠くなって(失礼)なかなか読み進まないので電子書籍で購…

お前ら大丈夫か

積読在庫消化。 Z世代~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~ (光文社新書) 作者:原田 曜平 光文社 Amazon 広告代理店在職の著者による若者調査をまとめた本。 歴史的背景や他世代との比較、特徴、行動原理などを平易に解説した本。 ザ・新書という感…

新書ってなんだ

積読在庫消化。 双極性障害【第2版】 ──双極症I型・II型への対処と治療 (ちくま新書) 作者:加藤忠史 筑摩書房 Amazon Kindle日替りセールで買ったのだと思う。 精神疾患はいつ誰がなるとも限らないし、「うつ病と診断されているケースは実は双極性障害であ…

子供は謎

積読在庫消化。 ことばの発達の謎を解く (ちくまプリマー新書) 作者:今井むつみ 筑摩書房 Amazon タイトル通りの本。 ちなみにちくまプリマー新書というのは中高生をターゲットにしたシリーズなので、平易ではあるがそれなりに奥行きもあるもの。 発達心理学…

今更ながら

こんな本を今更ながら引っ張り出して読むのである。 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫) 作者:岩崎 夏海 新潮社 Amazon どうもブームになると読まないのだが、なんかの拍子で読んでみたくなるものである。 …

時間のマネジメント

レビューに惹かれてこんな本を読む。 陸上競技の筋力トレーニング (競技力が上がる体づくり) 作者:五味 宏生 ベースボール・マガジン社 Amazon ま、タイトル通りの本なわけですが、武術家とはいえランナーでもある小生は素通りできないジャンル。 非常に良く…

これはどうか?

興味があってこんな本を読む。 正しい「後屈」入門 (腰は反らずにしならせる!) 作者:今村泰丈 株式会社 日貿出版社 Amazon 後輩に整体師がいるのだが、曰く歳をとると前屈はできるが後屈ができなくなるのだと。 30代後半あたりから、確かにそうだなぁと実感…

教養って大事だなぁ

フォローしている著名な先生が、かなり前に推奨していた本。 ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼 巨人たちは経済政策の混迷を解く鍵をすでに知っていた (PHP新書) 作者:松尾 匡 PHP研究所 Amazon はい、積読在庫の消化である。 これも買ってからだいぶん時間が…

なんともまぁ

積読在庫消化。 ユニクロ帝国の光と影 作者:横田増生 文藝春秋 Amazon ちょっと古いんだよね。 Kindle日替わりセールで買ったはずなのだが、かれこれ10年近く前の話。 ファーストリテイリング側は著者と出版社を本件で訴え、主張は認められなかったらしいけ…

指導者の役割

引き続き武術研究。 ブラジリアン柔術 ブラックベルトテクニック 作者:ジャン・ジャック・マシャード 新紀元社 Amazon 読んで強くなったりはしないのだけれども、ブックレビューがなかなか熱かったので購入。 それは殆どが冒頭の著者による端書きに対する評…

良い本、悪い本

積読在庫消化。 人生を変える単純なスキル - センスよりスキルを信じよう 若手社員からプロフェッショナルまで大切にしたい7つのスキル - 作者:豊田 圭一 クロスメディア・パブリッシング(インプレス) Amazon Kindle日替りセールで買ったのだと思う。 連続起…

起業して何したい?

積読在庫消化。 ドラッカー理論で成功する「ひとり起業」の強化書 作者:天田幸宏 日本実業出版社 Amazon 別に「ひとり起業」がしたい訳ではないのだけれど、小生のように転職歴が多い人間は、最後はフリーで独立して仕事を受けざるを得ないことがあるので、…

2022年ブックレビュー

今年も一年いろんな本を読みました。 「読書メモ2022」のタグでくくってブログを見返すとまぁ、ビジネス書を読み続けているのは良いとして、中国古典から禅宗へ真理を求めて発展したり、ビジネス書に飽きてミステリーとかハードボイルドとかSFとかに走ったり…

勉強はずっと続く(だから焦る必要もない)

積読在庫消化。 試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書) 作者:斎藤 哲也 NHK出版 Amazon 哲学は師匠がお得意だった。 しかし、それは哲学することであって、哲学史や哲学者や思想の勉強ではなかったけれども。 本書はまぁ哲…

習慣をコントロールする

積読在庫消化。 ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 作者:ジェームズ・クリアー パンローリング株式会社 Amazon どうして洋書というのは長いのか。 値段が高いから頭を出さなければならないのか? くどくど同じ話を延々説明しないと理解できない…

過信するべからず

積読在庫消化。 奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語 作者:三崎 律日 KADOKAWA Amazon マニアックな本だ。 当時は社会で広く受け入れられていたが、後々存在が失われていった本たちの解説。 各書の成り立ちと、なぜ当時の社会で受け入れられたのか…

謎の氷解

小学五年生の娘が英語の文法に引っかかっているとのことで、昔読んだ本を読み返して備えることにした。 日本人の英語 (岩波新書) 作者:マーク・ピーターセン 岩波書店 Amazon 最初に読んだのは、もう10年以上前だろうか? 2008年発行の刷を買っているので、…

高度な技術は難しい。

積読在庫消化。 文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング (NHK出版新書) 作者:福澤 一吉 NHK出版 Amazon 正直難しい本だった。 難しいといっても、書いてあることはわかるし、理解ができないわけではない。 タイトル通りの目的を果たすた…

23年目でも大事なこと

たまたまレビューを目にしたので買って読む。 コンサル一年目が学ぶこと 作者:大石哲之 ディスカヴァー・トゥエンティワン Amazon 今まで仕事ができると思ったことはないので、たとえ一年目に向けた本だろうが読むのである。 いや、ほんとに大事なスキルが述…

本は人間そのもの

人を動かす

カーネギーじゃないよ。 博報堂だよ。 積読在庫消化。 人を動かすマーケティングの新戦略「行動デザイン」の教科書 作者:博報堂行動デザイン研究所,國田 圭作 すばる舎 Amazon ビジネス、特に新規事業開発で考えることは、その新しい事業、サービスで本当に…

クリスマスプレゼント

家族のクリスマスプレゼントを準備する時期ですな。 安直な流行り物では、むしろあげない方が良いような気がするし、かと言ってそれなりにお付き合いも長くなるとネタが尽きてきて、毎年頭を悩ますわけだ。 日々家族の様子を観察していて、あぁこんなのが欲…

ロイヤルティではなく当事者意識

積読在庫消化。 全員経営者マインドセット 作者:吉田 行宏 クロスメディア・パブリッシング(インプレス) Amazon タイトルだけ読むと、なんとなく「やりがい搾取」な匂いがするけれども、そこまでブラックな話ではない。 中間管理職側からすると共感するこ…

アスピリンは柳から

積読在庫消化。 植物はなぜ薬を作るのか (文春新書) 作者:斉藤 和季 文藝春秋 Amazon 多分Kindle日替わりセールで買ったんだと思う。 タイトル通りの本。 更に突っ込んだところの概略は帯に書いてあったりするのだが、具体的なメカニズムや遺伝子組み換えに…

深みにハマってみる

こんな本、いや雑誌を読む。 ジャズ批評 2022年 11 月号 [雑誌] 松坂 Amazon 今年の夏から本格的にジャズを聴いていて、ネットでおすすめを調べたり、普通の人の検索行動をとっていたのだが、そろそろネタが尽きてきた。 検索のネタ切れは、検索キーワードの…