人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

休養をマネジメントする

Apple Watchを利用していると、ランニング・ウォーキングなどの一定期間継続する有酸素運動を通じて最大酸素摂取量を計測してくれる。

日々トレーニングを続けているのだが、この半年ちょい、ひたすら数値が下がり続けている。

 

スマートウォッチによる計測はあくまで参考値なので、当てにならないと言えば当てにならないのだが、半年以上続く傾向値となると、あまり無視できない。

それでいうと体重も体脂肪率もここ3ヶ月ほど増加傾向で、はてねと思う次第。

 

だってお酒もやめたというのに。

あれ、ひょっとしてこれは「オーバートレーニング」ってやつですか?

 

※参考リンク

https://real-sports.jp/page/articles/295331022835287121

 

パフォーマンスの向上には、トレーニング・栄養・休養が必要というのは認識していたのだが、それが適切であるかは自分の感覚に頼るしかない。

しかし、その自分の感覚というのが、ちょいと当てにならないのかも知れないなぁと思う。

 

月間300キロ走っていた時だって、そんなにキツい感覚はなく、他のトレーニング時間を確保するために走行距離を削った経緯があったのだが、実は自分が思っていた以上に負荷がかかっていたのかもしれない。

はて困ったな、というところだが、休養のマネジメントは仕事でも重要なテーマである。

 

労働法分野では労働災害防止の観点から、もうずっと前から取り組んでいて、我々労働者はその恩恵に浴しているわけだ。

それだけでなく自己啓発的な観点でも、自分の最大パフォーマンスを発揮するためには働き過ぎは宜しくない。

 

長時間会社にいると、なんかやった気になるのだが、普段から長時間労働をしている人で「優秀」と評価される人にお目にかかったことはないのも事実。

ということで、休養のマネジメントに取り組みたいのだが、まずは疲労度のモニタリングが必要であろう。

 

コロナで話題になったパルスオキシメーターで計測できる血中酸素飽和度は、その時のバイタルを反映しているらしいという記事も目にする。

Apple Watch Series 6以降は測定できるので、ちょいと定点観測してみますか。

 

まぁ、ご参考ということで。

 

持ち時間5分と言われたら

仕事の折々で、「じゃあ持ち時間5分でお願いします」とスピーチをお願いされることがあると思う。

大抵の人は困るんじゃないだろうか。

 

普通、何をどう喋っていいか見当がつかないからだ。

稀に、喋りたいことが山ほどあるのに時間が短すぎる、という人もいるけれど。

 

「何をどう喋っていいか」と言いつつ、なんのテーマもなく時間だけ渡されるケースはあまりなくて、なんらかのアジェンダがあるはずだ。

なので、そのメインテーマを軸に喋る内容を考えることになる。

 

さて、日本人が1分間に話せる文字数は300字程度といわれている。

それもそれなりに早口で300字なので、普通の速度だったり、間があったりするともっと少ない。

 

ということは持ち時間5分なら300字×5分で1500字がマックス。

原稿用紙4枚、10ツイート、WordならA4で三分の二といったところ。

 

どうだろう、思いの外短くないだろうか。

さらに細かくする。

 

①導入部

挨拶、これから〇〇について話すよとか、自分に関する話題で聴衆に事前に入れておくべき話題(知らない人が多い場なら自己紹介的なトピックとか)など。

これでもう2ツイートくらい使うと思う。

②本題

指定されたアジェンダを「絶対にこのメッセージだけは覚えて帰らせたい」という絞り込み、「相手が今日聞いた話をどのように人に説明するか」といった伝え方の切り口で考え抜く。

ここで、言いたいことを言いたいように構成を組んでしまいがちなんだけれども、あくまで聞き手目線で。

どんな人が参加していて、どんな話を書きたいと思っているのか。

そこを整理した上で、何を伝えるべきなのか?

この辺りを吟味する。

1アジェンダなら問題提起・結論・理由で2ツイートずつ、3アジェンダなら各アジェンダの結論だけで2ツイートずつで計6ツイートとなる。

③締め

結論の再提示、感謝の言葉、引き続きよろしく、これからも頑張ります的な前向きなメッセージで1〜2ツイート。

 

概ねこんな感じ。

本題が締まっていれば変なことにはならないはず。

 

さらにいうと、持ち時間を使い切ることにプレッシャーを感じる必要はない。

4分半でも5分のうちに入るし、よくわからない話を5分強でダラダラ喋る人より、研ぎ澄まされた内容で4分半の方がカッコいい。

 

レスイズモア、である。

さて、持ち時間5分ではない場合はどうするか。

 

持ち時間が短くなったのであれば①導入部、③締めを削って本題の部分を研ぎ澄ませれば良い。

本題のところのメッセージ性のインパクトを磨き込むのだ。

 

逆に、長くなった場合は本題の問題提起で時間を使う。

問題提起が大袈裟になればなるほど、聞き手は重要な話なのかなと耳を傾けてくれるし、後に続く結論とのコントラストが大きくなって心に残りやすくなる。

 

積み上げた山が高いほど、ぶっ壊した時のカタルシスが大きい、みたいな感じである。

要するにネタ振りとオチのギャップをどう作るのか、ということなので、長くなればネタ振りを壮大にしていくだけの話。

 

まぁ、ネタ振りが冗長すぎるのも限度があるけれど…。

10分、1時間みたいなレベルで長くなるのであれば、結論の論拠・理由を補強するエピソードや具体例を入れるのもいい。

 

そんな感じで時間の調整をする。

もちろん、スピーチのテクニックだけで、本が何冊も書けるくらいのノウハウが世の中にはあるわけなんだけれど、今日のところは「スピーチは1分あたり300字」、これだけは覚えておいてね、ということを言っておきたい。

 

きっと人生の折々に役に立つはず。

まぁ、ご参考ということで。

※以上1500字(笑)。

面白い?面白くない?

Kindleのセールでまとめ買いしておいたのを固めて読む。

 

電子書籍だと全四巻完結かな。

レジェンドによるそれなりに名の知れたタイトル(映画にもなった。観てないけど。)ということで、一応読んでおこうかというだけである。

 

で、まぁ結論としてはイマイチだったかなと。

未読の方がこの時代にわざわざ買って改めて読まなくてもいいんじゃないかなぁ。

 

なんせ昔の少年誌に連載されていたものだから、ノリやテンポはもちろん「今時」ではなく、それはある意味当然なのだが、作者が面白くしようと仕込んだ伏線の数々が、非常に中途半端な感じで回収したり、結局回収できなかったりで。

作品が多産多死の時代の、大人の都合でそうなった感じがひしひしと伝わってきて、手塚治虫先生も多分最後は「やっつけ」だったでしょ、と思ったり。

 

「先生、時代は怪奇もの、妖怪ものですよ」「そう?じゃあ一つやってみますか」「先生、バトルの要素も一つ」「はいはい」「先生、謎解きも入れましょう」「はいはい」「先生、ちょっと読者人気がイマイチで、残り三話でお願いします」「はいはい、じゃあまとめておきましょう」みたいな会話を想像する。

なんかね〜、昔の漫画って、いろんなレビューが蓄積されているし、今も読まれる=大御所作品だったりするので、悪いイメージがないんだけれど、個人的にはハズレが多いなぁ。

 

やっぱり今の時代とのギャップが大きくなりすぎているのかも知れないなぁ。

まぁ、ご参考ということで。

 

 

 

テクニックではなく力を身につけること

セールだったのと仕事で必要だと感じたのでこんな本を買って読む(現在二周目)。

 

レビューの評価は高い。

そして結構長めの本。

 

コンサルティング会社によるシステム発注者が身につけるべき技術、心構えを説いた本。

企画のところからリリース後まで順を追って展開され、一つ一つのステップについて詳細に記載されているので長い。

 

多分一読して頭に入る人は多くなくて、プロジェクトの進行状況に合わせて手引きとして参照しつつ学ぶというのが良いかもしれない。

ざっと見た感じ、ビジネスパーソンとして一般に「ちゃんとしている」人であれば意識的・無意識的に実践している行動を徹底し続けるということなんだな、という印象を持った。

 

やっぱり地道に力をつけていくべきだよね、ということでホッとするような、やっぱり「銀の弾」はないんだなぁとガッカリするような。

日々の仕事を丁寧に、しっかりこなしていくしかないんだなぁ、なんて。

 

武道の世界では、師匠からこっそり教わる裏技というのがある。

それを知っていると、いざという時に凄く助かるし、最後の拠り所という安心材料にもなる。

 

じゃあ裏技は、それだけ知っていればいいじゃん、というものなのか。

そんなに裏技が有効なのであれば、普段の稽古は何のために、何を磨くものとして修行しているのか。

 

ふと師匠から教えていただいたことを思い出したりするのである。

本書ではテクニックを記述してあるのだが、武道の世界における裏技というよりは、実践することで結果的に地力がついてくる内容だと感じた。

 

今日も頑張ろ。

まぁ、ご参考ということで。

 

 

 

 

人の評価

そろそろ前期の人事評価の時期ですな。

本人の給料や将来のキャリアに影響するので、評価者としては非常に責任が重いし、だからこそ向き合わなければ存在意義がない。

 

あらかじめ出来る限り具体的に目標設定を行い、評価者・被評価者双方で納得した上で業務をスタートさせ、期が終わったタイミングでは機会的に、自動的に結論が出るようになっていると気は楽である。

しかしメンバーシップ雇用である日本企業の場合はそれだけというわけにはいかない。

 

記述はされていないけれど組織メンバーとしてはこれくらいやってほしいとか、組織メンバーとして改善を促すべき態度をどう評価し、翌期以降の育成計画としていくか。

前期と同じ仕事ではなく、より成長してもらうための(異動も含めた)彼らのキャリアはどんなものか。

 

本人が考えるべきというのがグローバルな常識のところまで考えてあげるのが日本企業の評価者の定め。

それを何人も何人も考える日本企業の管理者は大変です(苦笑)。

 

なので、普段から自分はどうなりたいのか、どんなことに取り組んでいきたいのかを自分でしっかり考えておいてくれると、すごく助かるなぁ(笑)。

え、どうやったら良い評価が貰えるか?

 

そりゃ「やること」を正しく定義し評価者としっかり握ること。

そしてその「やること」をちゃんとやること。

 

組織メンバーとして「いい奴」であること。

普段から自分のキャリアを考え、目標を掲げながら組織に対してどう貢献したいかを明確にしていること。

 

そこまでやっておけば自然とついてくると思う。

あとは運。

 

組織の巡り合わせというのはどうしてもあるし、評価する側も人間なので、努力が正しく評価されるとは限らない。

なので運です。

 

今日も持ち場で頑張りましょう。

まぁ、ご参考ということで。

青い鳥は何処へ

何の気なしに積読在庫から手に取る。

 

「働くみんなの必修」かどうかはなんとも言えないが、転職エージェントを仕事にし、自分自身も何回も転職した人間として、正しい知識を与えてくれる本だとは感じた。

特別凄いことが書いているわけではなく、ファクトベースで地に足のついた議論がしっかり(長めに)展開される。

 

まとめると、自分に合う仕事を探すマッチング思考・志向ではなく、自らが目指したい姿に合わせに行くラーニング思考・志向でいくべきだということ。

前者では結局自分勝手な発想になりがちだし、不満をベースにした転職になるし、にもかかわらず転職でその不満が解決されるとは限らない。

 

出発点は不満だったとしても、その先にどんな未来を実現させたいのか、そのために何が必要で、どう取り組んでいくのか。

当たり前なのだが、そのビジョンを定めることから逃げていると永遠に答えには辿り着けない。

 

自戒を込めて。

まぁ、ご参考ということで。

 

 

教養とは人に優しく出来ること

こんな本を読む。

 

Kindle日替りセールでおすすめされた一冊。

現代に生き、それなりに本を読む人間としては気になる内容ではないかと思う。

 

本シリーズは過去に何度か取り上げたことがあるが、NHKの番組の書籍化で、今回はメディアを取り扱った名著数冊を取り上げ、その解説と座談という態である。

いずれも読んだことはない四冊だったのだが、オーウェルの「1984年」と山本七平の「空気の研究」は読んでおきたいと思った。

 

メディアとの関わりについて、これほど意識的に向き合うことが求められる時代は今まで経験したことがないのだが、ひょっとしたら戦時中はこんな感じだったのか?という疑念が浮かんできたりもする。

その疑念が、真っ当な危機感なのか、単なる思い過ごしなのか、後者であって欲しいものの、「備えよ常に」ということで、危機感を持って今後も考えていきたい。

 

気軽に読めて、考えさせられるブックガイドとしても良い本でした。

こういう内容をNHKでやるというところが、良心だなぁと思ったり。

 

過度に暴力的・性的なドラマシリーズを流すサブスクに金払うんだったら、ちゃんとNHKの受信料払ったらいいんじゃないの?ウチはテレビが無いから払ってないんだけどさ、なんて思ったり(笑)。

今日のタイトルをどうしようか悩んだのだが、昔飲み歩いていた時に遊んでもらった歳上のオジサンがポロッと仰った言葉をふと思い出したので。

 

まぁ、ご参考ということで。