人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

嘘をつくな

こんな記事を読んで。

https://www.newsweekjapan.jp/reizei/2021/03/post-1218.php?fbclid=IwAR20VYu9NhKdksVzSZ9AUMBGPWzf5TyVTM1-Ta2hBvXNgKCWYkmxb3XgQ_w

 

嘘をつくなと育てられた記憶はないが(記憶がない頃に教わっているのだろうが)、気がついた時には、そして社会人数年を経て厳格に嘘をつかなくなった。

倫理的にではない。

 

いや、倫理的にだろ、というツッコミはあるのだが、大人になれば誰かを守るための嘘とか、色々あるんだよ(誰に言っているんだ?)。

まぁ、単純に倫理だけでは泳げないのが大人の世界。

 

それでも嘘をつかないことを肝に銘じているのは、それをやると弱くなるから。

嘘に限らず「やましいこと」全般を抱えていると、自分の言いたいことを強く主張することが憚られるようになり、仕事を思い通りに進めたり、気持ちよく進めるのが難しくなる。

 

それがまず一番嫌だ。

そして記事の通り、嘘をつくにはバレない様に、嘘をつき続けるための労力が非常にかかる。

 

嘘はついたことを忘れてしまうと言われていて、まぁそこからバレるのだが、忘れないように保つ労力、不健全な労力をずっと必要とするのだ。

わざわざ自分を弱くし、弱くし続けるための労力を使うって、最低を通り越してもうなんだか意味不明である。

 

というわけで、嘘はつかない。

さらに拡張して、やましいこともしないし、やらねばならない役割は常にベストを尽くす。

 

これこそが気持ちよく仕事を続ける秘訣と言っても良いだろう。

まぁ、ご参考ということで。

 

 

 

 

厳しい状況を覚悟せよ

たまたまだがこんな本を読む。

 

管理職・リーダーとしての役割を考える上で、レビューの高かった本書を参考にしようと思い手に取る。

内容は一気通読できるわかりやすいものなのだが、想定されている状況は小生が思っていたものよりずっと厳しいもの。

 

遠い昔に経験したことがあるような無いような、長時間残業や睡眠不足が続き、各人の判断力が怪しくなっていたり、離脱者が出そうなチームの状況を、どう耐え凌ぐかというもの。

そのような場面では、いかに体力を回復し、仕事を切り、局面が打開されるまで持たせられるかの勝負。

 

著者の言葉で印象に残ったことをまとめると、上記のようなステータスになってしまった時点で戦略的には「負け戦」なのであり、そこから一発逆転・起死回生を狙おうとすると(かつてのどこかの国の軍隊を彷彿とさせる)被害を拡大させてしまうので、ダメージコントロール、被害を最小限に抑えることに集中すべき、とのこと。

小生の周りにも、知らず知らずのうちに「負け戦」になっているのに、それと気付かず、ずっと起死回生に取り組んでもがいている人が多いような気がする。

 

最終章あたりに、実際に近い形で著者が相談にのるケーススタディーが出てくるのだが、「うわ、こんな状況の人、会ったことある」という感じで身につまされる。

さらに著者は言う。

 

多くのビジネス書で語られるリーダーシップは「平時のリーダーシップ」であり、メンバーが通常のパフォーマンスであれば、比較的容易に達成できるもの。

厳しい状況をどう凌ぐかは、そうやすやすと指揮が取れるものではなく、ここでリーダーとしての本質が試される。

 

厳しい局面は誰にでも訪れるもの。

覚悟して備えておきたいものである。

 

まぁ、ご参考ということで。

KPIを発見する

こんな本を読む。

最高の結果を出すKPIマネジメント

最高の結果を出すKPIマネジメント

 

 

はじめに言ってしまうと凄く良い本である。

明快で普遍的、使いやすく読みやすいビジネス書。

 

流石あのリクルートで多くの人が教えを乞うたというメソッドである。

KPIの大元にはKGI、つまり何をゴールとするのかの定義がある。

 

実はここがまず決まっていないことが多い。

企業でも、売上を追うのか利益を追うのか曖昧な会社は沢山ある。

 

新規事業でもプロジェクトでも「成功」の定義をあやふやにしているケースは多い。

そこをまず関係者で合意する。

 

次はCSF、Critical Success Factor である。

何がゴールに到達するポイントなのか、この本質とも言える部分を見出す。

 

この本質を数値で管理するのがKPI。

著者はKPIは一つでなければならないと説く。

 

他にも変数と定数の考え方とか、複数の結果に影響する要素の考え方とか、KPIが黄色信号の時の動き方をあらかじめ決めておくとか、学びがいっぱい。

そういえば、と思い出す。

 

エージェント業をやっていたときに、あるファンドの投資先の幹部人材を探していた時のこと。

経営企画のポジションだったのだが、ファンド側が求める人物像を上手く言語化出来ない。

 

「なんというか、地頭は良くて欲しいんですけど、別に計数の管理をして欲しいわけでもなくて、もっと事業の本質をこう見極めて動かしていくというか…」

「それって、KPIの管理をしてほしいということじゃなくて、KPIを発見出来る様な人が欲しいって感じですかね?」

「そうそう!それそれ!そんな人」

 

ま、結局そんな人材を紹介することはできなかったのだが(苦笑)、本書で解説するメソッドはまさにKPIを発見するためのものだと感じた。

これが出来ると仕事には困りませんよ。

 

まぁ、ご参考ということで。

 

 

行ってみて、やってみて

こんな本を読む。

怪獣記 (講談社文庫)

怪獣記 (講談社文庫)

 

 

ただの個人的趣味の読書なんだが。

トルコの湖で目撃談がある怪獣の捜索に挑んだ(?)ルポルタージュ

 

高野氏の珍道中が面白いので選んだだけで、特に狙いはない。

トルコの怪獣にまつわる諸々、そして実際行ってどうだったのか、という話なのだが、やはりいつもながら読ませてくれる。

 

高野氏も怪獣・珍獣の類は慣れっこなので、当初は批判的に関わっているのだが、次第に思わぬ展開を見せ、最後は驚きの展開に、というあらすじ(ちょっと煽り過ぎかも)。

そこには中東〜ヨーロッパで昔から話題になるクルド人居住地に関する問題が絡んできたりして、異国の実際を知る良いルポルタージュでもある。

 

目撃者のインタビューを重ねながら感じる違和感や、あるきっかけを通じてそれが高野氏の中で消化されていく様は、行ってみて、やってみた人間にしかわからない深さと奥行きがある。

仕事でも事業でも、真剣に取り組んだ人間は自分の言葉で幾らでも語れるもの。

 

そんなことを思い出したりする。

だからこそ、高野氏の著作は面白い。

 

まぁ、ご参考ということで。

埋もれた名著

こんな本を読む。

 

ちょいと仕事の関連で古い本を探し求め、やっと辿り着いた一冊。

元は20年ちょい前にアメリカで出版されていて、リンクはその文庫版。

 

中古で良い状態のものが4,000円。

文庫に4,000円かよ…というのは若干思うところがあるが、まぁ仕方がない。

 

内容を簡単にまとめると、企業を勝利に導くにはオペレーションの卓越性か、製品リーダーか、顧客密着か、この何れかを選択するしかない、というもの。

当時の優良企業のケーススタディと共にまとめられている。

 

本当にその三つの戦略で全てなのかとか、論証の弱さを感じるものの、シンプルで明快、示唆に富む一冊である。

もう少し日本に馴染みのある企業が登場していれば、絶版にならずに済んだのかもしれないのだが、残念である。

 

そう思うと、「ちょっと惜しい」名著なんていうのは、きっとゴロゴロあるんだろうなと。

埋もれた名著は、商業広告では出会えない。

 

人伝で教わるものなので、こういう本に出会えるかは、人間関係の豊かさに依存するのだろうなぁ。

良い友人を大事にしましょう。

 

まぁ、ご参考ということで。

 

力強い言葉

その道に通じた人が、自信を持って述べる言葉には、力がある。

その言葉は人を勇気づけ、前に一歩踏み出す後押しをしてくれる。

 

こんな本を読む。

身体を芯から鍛える! ケトルベル マニュアル

身体を芯から鍛える! ケトルベル マニュアル

  • 作者:松下タイケイ
  • 発売日: 2016/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

言わずと知れたトレーニングマニアの小生であるが、実はケトルベルは10年以上前から保有しており、折に触れ振っているけれども。

ちゃんとしたトレーニング本を求めてあれこれ探していて、Amazonで高評価の本書を手にする。

 

小生にケトルベルを買うきっかけを与えた別の本は、ロシアの格闘技であるサンボのトレーニング法の解説がメインで、その中にケトルベルは少し取り上げられただけだったので、専門書である本書はまた趣が違う。

著者のケトルベル愛がひしひしと伝わってきて、読んでいて温かい気持ちになれる(意味不明)。

 

愛に溢れた本は、それがたとえ相当マニアックなジャンルでも楽しいものである。

ケトルベルトレーニングの中核をなすのは「スイング」という全身を使ってケトルベルを振る動作(そのまんま)なのだが、フォーム、呼吸など、なかなかに奥が深いらしい。

 

で、著者は言う。

「スイングを何ヶ月かやってみて、そろそろ別のトレーニングを、という人が次にやるべきトレーニング、それはスイングです!」である。

 

最高に力強いではないか。

こういう言葉に人は「付いて行きます!」と思うのだ(小生だけ?)。

 

そう思うと、タイトルの「身体を芯から鍛える!」も、帯に書かれた「振ればカラダは応えてくれる!!」も痺れるではないか(!マーク、好きだね…)。

人をやる気にさせるエッセンスが溢れていて、素晴らしい。

 

小生も力強い言葉、迸らせたいものである。

なんのこっちゃ。

 

まぁ、ご参考ということで。

仕事のポリシー

30代後半に新規事業のコンサルティングなどという、「それ何するんですか?」的な仕事を始めて、色々苦労しながら現在40代中盤。

いろんな仕事はあるが、ポリシーとして心がけていること。

 

①運動量で勝負する。

頭脳で勝負できるほどのアタマではないし、何か特殊な経験や「その道一筋」でもない小生が勝負できるのは運動量だけ。

90分ピッチで全力で走り続ける体力と気力を維持し、とにかく量をこなす。

もういい加減、楽をしたいお年頃なのだが、それは諦めてとにかく顔を上げて走る。

尊敬する人ナンバーワンはイチローからキングカズさんに変わりました…。

 

②間違えることを恐れない。

何年生きて来ようが知らないことは知らないので間違える。

間違えることを恐れて、公の場で発言を控えるようになってしまうと、どんどん埋もれてしまう。

人生目立ってなんぼ。

ちゃんと考えて、思うことをハッキリ述べて、それが間違いであれば、謝るなり、次に活かすなりすれば良い。

 

③とにかくインプット。

答えが出なくて悩むのはインプットが足りないだけ。

知識は荷物にならないのだからガンガン情報を取りに行って、どんどん吸収する。

一年二年もすれば、いっぱしと認められるところまでは簡単に行ける。

ミーティングもやって、資料も読んで、本も読む。

それだけ。

 

まぁ、ご参考ということで。