人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

ビジネスよもやま話

新たな書き手との出会い

以前Kindle日替わりセールで購入してそのままだった本を読む。 楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書) 作者:稲穂 健市 講談社 Amazon 今どき自分から「楽しく学べる」なんて言うのもな、と今更ながら思うのだが、読んでみて実際なかなか楽しめるのであ…

協力を求めないのは罪悪だぜ

仕事術で最も高度な分野の一つは、他者の協力を求めることだと思う。 自分の仕事を人にお願いするのは気が引ける。 それは責任感のある日本人ならよくある感覚だと思う。 全然悪いことではないのだが、しかしその責任感ゆえにアウトプットに影響があったらど…

仕事術に終わりはない

たまたま見かけた新聞広告で気になって買って読んでしまう。 考える人のメモの技術――手を動かして答えを出す「万能の問題解決術」 作者:下地 寛也 ダイヤモンド社 Amazon メモは手書きが良いのか、デジタルデバイスが良いのか。 どうやって取るのか、取って…

できたらいいな

何かの拍子で見かけ、興味を持ったので読んでみる。 チームが自然に生まれ変わる 「らしさ」を極めるリーダーシップ 作者:李 英俊,堀田 創 ダイヤモンド社 Amazon マネジャーの悩みは尽きない。 プレイヤーのときより厄介で深いと思う。 我欲もあるけれど、…

トライアンドエラー

こんな本を読む。 全米ナンバーワンビジネススクールで教える起業家の思考と実践術―あなたも世界を変える起業家になる 作者:山川 恭弘,大前 智里 東洋経済新報社 Amazon セールで遭遇してレビューが高評価だったし、新規事業開発にも縁があるんでね…。 スト…

サラリーマン大作戦

こんな本を読む。 たった1人からはじめるイノベーション入門 何をどうすればいいのか、どうすれば動き出すのか 作者:竹林一 日本実業出版社 Amazon ちょっと前に読み終わっていたのだが、レビューを書くのを忘れていた。 面白くなかったから忘れていたわけ…

自分の意見を通すこと

できる社員には、経営者を唸らせる意見が期待される。 現場をよく知り、経験をもとに正しい解決策を語り、時に時代を先取りした見識も持つ。 なんとはなれば経営者は、全社員がそうならないかなぁと思ったりする。 そんな風にはならないんだけどね。 経営者…

「やらなくていい仕事」なんていうものは存在しない

最近上司に言われて、そりゃそうだと納得した話。 「やらなくていい仕事」なんていうものは存在し得ないでしょう、と。 「やらなくていい」んだったら、そもそもジョブディスクリプションに載らないはず。 ジョブディスクリプションが無かったとしても、部門…

ストレスフルな環境には自分を整える

日々の労働には変化がつきもの。 突然の人事だったり、商況が変わったり。 大概の人は、そういう状況に振り回されてストレスを溜めやすい。 それは小生もそうであって、この点に関して何か超越した存在になれたわけではない。 わけではないのだが、心がけて…

出世のモチベーションってなんだろね

Kindle日替わりセールで遭遇し、部長職にある以上、気になってしまうので読む。 役員になる人は知っておきたい 出世する部長の仕事 作者:安藤 浩之 すばる舎 Amazon 課長の卒業試験合格で部長になることはあるが、部長の卒業試験合格で役員になることはない…

お金にまつわるエトセトラ

著者の作品に感銘を受けたので近著を読む。 脱税の世界史 (宝島社新書) 作者:大村大次郎 宝島社 Amazon 著者は元税務調査官で、「お金の流れで読む世界史」などのシリーズを既に書いている。 タイトル通り、金の流れを追った歴史物で、今まで習った歴史とは…

PC開かないチャレンジ

仕事中はノートPCを持ち歩いているわけだが、最近会議中はそれを開かないようにしている。 メモや議事録をPC上のアプリケーションでとる方が便利なのだが、どうもPCを開いていると誘惑が多い。 メールもチャットも気になるし、作りかけの資料をブラッシュア…

凡事徹底

何となく先々に振られる仕事の予感がして、こんな本を読んでおく(苦笑)。 プロジェクトのトラブル解決大全 小さな問題から大炎上まで使える「プロの火消し術86」 作者:木部 智之 KADOKAWA Amazon もちろん火消しの仕事なんていうのに関わらないで済めば、…

学ぶのではなく学ばせる

いま自分のやっている仕事は「プロダクトマネジメントなんじゃないか」と思って、こんな本を読む。 プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで 作者:及川 卓也,小城 久美子,曽根原 春樹 翔泳社 …

こんな人いたんだ

Kindleのセールで遭遇し高評価だったのでポチる。 水を光に変えた男 動く経営者 福沢桃介 作者:荻野 進介 日本経済新聞出版 Amazon 福沢桃介というのはこんな人。 ja.wikipedia.org ストーリーは実在の人物そのものだから割愛するとして、相場に熱狂する様や…

一眼二足三胆四力、あるいは習熟の弊害

「一眼、二足、三胆、四力」。 「いちがん、にそく、さんたん、しりき」と師匠から教わっている。 有名な剣術指南書にある言葉で、武術(剣術?)における重要なポイントを示したもの。 一に目附(めつけ)、視力の良し悪しではない。 二に足捌き。 これはも…

本を読んだら強くなれるのか

格闘技研究に余念がない。 DVDでマスター はじめてのブラジリアン柔術 作者:早川 光由 愛隆堂 Amazon ブラジリアン柔術の本は、グレイシー一家の出版も含め他にもコレクションがある。 基本的に寝技のテクニックなので、相手と組んで練習しないとあまり意味…

聴いてまんがな…

優れたリーダーを目指すべく、セールで買ったこんな本を読む。 優れたリーダーは、なぜ「傾聴力」を磨くのか?――職場の心理的安全性が高まる本 (三笠書房 電子書籍) 作者:林 健太郎 三笠書房 Amazon プロフェッショナルコーチによるタイトル通りの本。 なぜ傾…

誰しも同じ人間である

Kindle日替りセールでポチった本を読む。 宇宙飛行士 野口聡一の全仕事術 「究極のテレワーク」と困難を突破するコミュニケーション力 作者:野口 聡一 世界文化社 Amazon サブタイトルは色々ついているけれども、宇宙飛行士の野口聡一氏によるビジネスエッセ…

好きを仕事にすればいいって安易に思うなよ

本屋の店頭で見かけ(夏の文庫フェアはどうして買ってしまうのだろう?)、鳥好きの娘にも読めるかと思って買ってみた。 鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。(新潮文庫) 作者:川上和人 新潮社 Amazon タイトルからして人を食っているのだが、全編…

物語から何を読むか

ずっと積読在庫だったのだが、この春に娘と妻が読破したというので、話題に取り残されないよう(笑)読む。 獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫) 作者:上橋菜穂子 講談社 Amazon 結構長かった。 こんな長編を読破するのは吉川英治の宮本武蔵以来だろうか(いつ…

アンラーニング

人生も後半戦(80年だと思えば)なので、色々思うところはあるのだが、アンラーニングもその一つ。 https://www.hrpro.co.jp/series_detail.php?t_no=2788#:~:text=%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%88unlea…

人が辞めると残業が増えるのか

ふとこんなことを考えてみる。 組織で人が辞める。 補充されるまでは残った人員で必要な業務を回すことになる。 今まで5人で働いて100のパフォーマンスだったとして、4人になったら25%増しで頑張って100%を維持するだろうか? つまり、残業してでもパフォ…

宝の山か、ゴミの山か

本を読んだり、漫画を読んだり、それも年間三桁を超える量を実践していると、なんとなく茫洋とした気分になる。 我々は平和と進歩の70年を享受してきたから、本や漫画のコンテンツは一生かけても世の中の数%に到達できないくらい膨大な蓄積がある。 世界中…

失敗なのか、よくやったのか

まぁ、実はコロナになりましたので、せっかくなのでゴロゴロしながらこんな本を読む。 最悪の予感 パンデミックとの戦い 作者:マイケル ルイス 早川書房 Amazon パンデミックの話だけれど、これは最近の本なのでコロナがテーマ。 まだ第7波とか言っている中…

そこからどう変えるか、あるいは世代交代の必要性

セールだったかで目にして、非常に面白そうだったので購入。 闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達 作者:G パスカル ザカリー 日経BP Amazon 実際面白かったのだが、まぁまぁ長い本。 Windows NTを開発したプログラマーたち、マイクロ…

社外の人と繋がりを持つ

20代の後半に「飲み会はお客さんとが6、パートナーさんと3、社内1」という心がけを教わって以来、なんとか守ろうとして生きてきた。 そのあたりを実践できたのも、営業系で比較的自由な会社に属していたからだと思う。 内勤でカルチャーも違う会社に居たりす…

バッファを持つ

毎日トレーニングをしていて良かったなと思うのは、相当丈夫だなということ。 ただ病気にならないだけではない。 あまり物事に億劫にならないし、そうなると仕事もプライベートも色々片付くので精神的にも安定する。 注意しなきゃならないのはオーバートレー…

はじめに志ありき

「ウルトラス」の衝撃か凄まじかったので、同じスポーツ関係で息抜きをしようと積読在庫を手に取る。 琉球アスティーダの奇跡 作者:早川 周作 毎日新聞出版(インプレス) Amazon 琉球アスティーダというのは最近始まったプロ卓球チームの一つ。 それほど詳…

世界は知らないことだらけ

Kindle日替りセールで遭遇し、高評価だったので購入。 ULTRAS ウルトラス 世界最凶のゴール裏ジャーニー 作者:ジェームス・モンタギュー カンゼン Amazon サッカーの戦術の本を読んだばっかりだったので、まぁ繋がりといえば繋がりかなぁと思って読んでみる…