人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

時事問題ってなんだ

娘が中学生になり、初めての中間試験に臨む。

父親がかつて確立したノウハウを伝えつつ勉強を進めているのだが、試験範囲を見てみると、社会の中に「4月〜5月の間の時事問題」というのがある。

 

はて、娘のサポートをどうやったものか。

今ブログを書いている電車の中で、前に立っている若者も公務員試験に向けて時事問題に取り組んでいるようだが。

 

とりあえず、時事問題ってなんだ。

キダタローが亡くなったのは、個人的には大きなニュースだが、間違いなく試験には出ないだろう。

 

問題は作れるだろうけど、多分受験者から文句が出るに違いない。

「なんでキダタローなんだ!」と。

 

文句が出ない時事問題。

多分それは世の中的に関心が強く、重大で、多分真面目なジャンル、すなわち「政治」「経済」「文化」「社会」と名がつくようなテーマが扱われているはずだ。

 

そしてそれは結果的に、ニュースや新聞記事に普段から関心を持っていれば、ちゃんと解ける、ということになるんだろう。

こんなニュースもあるが、例えばこんな感じかもしれない。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/258576

 

きっと時事問題に出そうなテーマを扱ったサイトとか、あるんだろうなぁ。

まぁ、ご参考ということで。