読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

次回の掲載は5月8日です。

皆様、良いゴールデンウィークを。

人生で何を残すか?

こんなことを考えるなんていよいよオッさんだなとツッコミを入れつつ…。

以前も言及したことがあるが、後藤新平の言葉に、「財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり」という言葉がある。

 

先日、ある会社の太陽光発電事業について、知人と会話をした際に、小生の個人的な意見として、あまり評価していない、という意見を述べた。

知人からすれば、タイミングの良い時期に投資をし、以降数十年に渡って(ルール上は)安定したキャッシュが入るので、良い判断だったのでは、というコメントであった。

 

もちろん、その会社の株主や融資している金融機関であれば、全くその通りの判断であろう。

しかしその様な投資というのは、裏を返せば「後には金しか残らない」リスクがあると考えるのだ。

 

安定したキャッシュフローが確定した投資など、なんの不確実性もなく、なんの工夫もいらないし、端的に言えばバカでも出来る(そういう案件を引っ張ってくることは立派だが)。

それで収益が確保できたって、その運営に携わる社員は、結局なんの経験もできず、使い物にならない人材が量産される可能性があるので、数十年が経過した後は、「金しか残らない。」

 

金が残ればいいじゃないか、と思われるかもしれないが、金というのは稼ぐことより、有益に使うことの方が難しい。

使い物にならない人材が、金だけ手にしたって、ロクなことにならないのだ。

 

だからこそ、「人が残る」ことを必死に考えなければならないのだと思う。

とは言え後藤新平は、「されど財無くんば事業保ち難く、事業無くんば人育ち難し」とも言っているらしいのだが(苦笑)。

 

まぁ、ご参考ということで。

学んだ知識は使ってみないとわからない

最近読んでなかなか面白かった本に、「確率思考の戦略論」という本があった。

https://www.amazon.co.jp/確率思考の戦略論-USJでも実証された数学マーケティングの力-森岡-毅/dp/4041041422/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1493288936&sr=8-1&keywords=確率思考の戦略論

 

USJを成長させた、業界でも有名なマーケターである、森岡さんという人が書いた本だ。

詳細は本書に譲るが、「戦略とは、プレファレンス(選ばれやすさの様なもの)、認知、配荷を如何に上げるかである」「プレファレンスは、ブランドロイヤルティ、スペック、価格で決まる(意訳)」という記載があった。

 

事例を交えた説明は、「ふんふんなるほど」という感じで、折に触れて人にも面白い本として紹介していたが、どうも上記二点を憶えているのに苦労した。

ところが、ある時ご相談いただいた案件について、本の内容を紹介しつつ解決策を上記二点にはめ込んでいくと、スパッと見事に収まるではないか。

 

今更であるが、「あぁ、こういうことか」という腹落ちと共に、少なくとも忘れにくくなっただろうなと思った次第。

昔から、教えることは学ぶこと、なんていうのも言われるが、なんせ知識は使ってなんぼだなと、いいオッさんになっても気付かされる、未熟ぶりである。

 

まぁ、ご参考ということで。

モノを「みる」目とは

「みる」という単語には、多くの漢字があてられる。

見る、観る、視る、診る、看る…。

 

武道の稽古では、師匠が何気なくやってみせた技から、どれだけのモノを見いだせるか、というのが勝負であり、修行者としての行く末を分かつ、致命的なポイントでもある。

そんなことを思い出したのは、こんな記事をたまたま目にしたから。

 

http://gigazine.net/news/20170425-life-of-bob-ross/

ボブ・ロスというアメリカ人画家にまつわる話なのだが、彼はテレビ番組を持っていて、それは30分の番組枠で、何もないところから魔法の様に美しい風景画を完成させる、というある種「ショー」の様な内容であった。

 

NHKで放送されていた当時、小生は食い入る様に見ていたものである。

何もないキャンバスに、思いもよらない一筆が、あとあと見ると完成された風景画の一部として組み込まれていく様は、驚きと感動をもたらすものであった。

 

ある時、青空を背景に雪山を描く、というテーマの回があった。

青く塗られたキャンバスに、ボブ・ロスはいきなりグレーの絵の具を切りつける。

 

「おいおい、雪山なんだからそこは白だろ!」という小生の心の叫びを置き去りに完成した絵は、見事な雪山の絵であった。

そう、素人は「雪山=白」という固定観念でしかモノが見られなくなってしまっているのだが、プロはまさに、目の前のモノを、ありのままのカタチ、ありのままの色彩で見ているのだ。。

 

だからこそ、雪山の中にあるグレーの色彩を見出し、ありのままのカタチを表現するために、絵画用のナイフで切りつけて描くという行為に出たのである。

当時小生は、中学生か高校生か、記憶も定かでないが、その道のプロと素人とは、同じ事象を前にしていても、明らかに違うモノを見ているのだと、強烈に印象に残ったのである。

 

そんな話は、社会人となってビジネスの世界に入ってからも、日々思い知らされながら、今日に至っていて、今も日々プロとしての目を試されている様な気がしている。

それはどんなビジネスパーソンも、大なり小なり同じであろうと思う。

 

みなさんのモノを「みる」目は、どんな目であろうか?

まぁ、ご参考ということで。

 

 

 

 

綺麗な生き様なんて無いんだよ

小生の周辺で直近話題になった記事といえばこちら。

http://ex-career.org/bankruptcy-6month-mm-0407/

 

ベンチャー企業CFOとして、潰れそうな状態を如何に迎え、過ごしたかという話。

小生はCFOではなかったが、似たような危機は経験している。

 

あの時は本当に、色々な人間の生き様が見えたし、自分の良くないところもわかったし、犯罪こそやっていないが、やれることはなんでもやったと思う。

本当の修羅場の修羅場感の無さというか、なんとかしようというモチベーションも現場になく、なんとなく沈んでいく恐怖と、そんな周囲を一人罵倒するという、(いろんな意味で)最悪なシチュエーション。

 

忘れようと思って忘れられるものではない。

でも一応、おかげさまで今も生きている。

 

あの経験があったから、今も生きていると言ってもいいかもしれない。

そんなことを置き去りにしながら(乗り越えながら、というほどカッコいい総括ではない)、なんとか前を向いて、周囲に価値を提供できる様、日々奮闘する。

 

今日は今日で、みんなそうやって生きているんだなぁ、ということを再認識出来た日。

みなさんに幸多からんことを。

 

まぁ、ご参考ということで。

 

 

 

 

手段と目的を混同してはいけない

何度もこのテーマは扱っているような気がするが、大事だし今日も仕事で話題になったので、何度でも言及しておきたい。

ところで突然だが、みなさんは「武道」と「スポーツ」の違いはなんだと思われるだろうか?

 

もちろん違いは色々あるのだが、その大きな違いの一つは、試合が「手段」か「目的」か、ということではないかと小生は考えている。

武道にとって試合は、あくまで技術を測る、文字通り「試し合い」としての試合である。

 

実際の戦いの場面は、何がどうなるかわからないし(試合に勝って勝負に負ける、という慣用句もある)、試合の勝ち負けを追求する意味は実は大きくなく、あくまでその流派の学びのレベルを体現するリトマス試験紙でしかない(なので、理解されにくいが、勝ちの内容の良し悪しが議論される)。

一方でスポーツの方は、その試合での勝利が全て。

 

すべての努力が、試合での勝利を目的とされ、勝利こそがすべてを満たす構造である。

と、書いた時に、「え、そうなの?」と思われた方も居るのではないだろうか。

 

殆どの「武道」が、現実的には試合での勝利を追い求めているし、「スポーツ」の世界だって、「勝利至上主義」なんて言う表現が出てくる裏返しとして、試合以外の価値を見出すところはある。

 日本は特にスポーツに試合での勝利以外を求める傾向があると思うが、ともかく程度の差はあれ、手段と目的を混同しているのだと思うし、ことほど左様に手段と目的は放っておくと混同されやすい。

 

柔道に階級制ができたのは、もともと試合は手段でしかなかったので、当然いろいろなサイズの敵と戦う可能性があり、その中での試し合いであったのが、勝利を追求するスポーツだと思えば、条件を揃えて置かなければフェアじゃない、という話になったからだと思う。

 今の柔道を否定したいわけではない。

 

これはこれで良さがあるし、無差別級が残っているのは、その本義によるのだと思う。

 いずれにしても、申し上げたかったのは、人間は放っておくと手段と目的を混同しやすいということだ。

 

自戒を込めて。

 

まぁ、ご参考ということで。

 

長いお付き合いを大事にしよう

本日は大学時代の同窓とお会いし、大いに盛り上がった次第。

小生の同窓は法曹の世界にいるので、直接的にビジネスの世界と関わりがある訳ではない。

 

しかし、小生の仕事でも、規制緩和や法改正が新規事業のメインイシューになることもあるし、法曹の世界だって、社会の変化に即した対応を日々求められている。

今日は今日で、大学時代の勉強の記憶を呼び覚ましつつも、来るべき未来に、それぞれの立場でどう向き合うのか、という貴重な意見交換の機会でもあったと思う。

 

しかし、それぞれスーツを着ているというだけで、中身は20年弱の昔と全く変わっていないことを実感する瞬間というのは、極めて愉快なものである。

まぁ、ご参考ということで。