読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

「テーブルの向かい側への転職」

「テーブルの向かい側への転職」というのは、小生の造語である。

仕事の場面で、テーブルを挟んで向かい合う相手側への転職という意味だ。

 

人材エージェントが人事になるとか、広告代理店の人がクライアントのマーケティング職になるとか、戦略コンサルタントが経営者を目指すとか。

その逆も然り。

 

転職希望としては良くあるのだが、結構難易度は高い。

当たり前だが、毎日接して相手のことがよくわかっていても、それは業務の一部分でしかない。

 

「テーブルの向かい側」というのは例えだが、文字通り向いている方向も違う。

間に何かがあるというのも、手が届くようで届かない距離になる。

 

接客業だって、毎日接する顧客の気持ちが見えているかといえば、決してそんなことはない。

寧ろ、意外なほどわかっていないというのが実態だろう。

 

そのギャップを補うためには、採用の需要がきっちりあることを前提に、初めて接する業界や経験を積みに行くくらいの、謙虚さと努力が必要なのだと思う。

いや、テーブルの向かい側の相手をリードするだけの知見(コンサルタント系なら他社事例やノウハウ)、意欲があってはじめて、実現するのではないだろうか。

 

まぁ、ご参考ということで。