読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

アクセルとブレーキ

個人的に気をつけていることなのだが、何事も(仕事でも遊びでも)アクセルを踏む瞬間と、ブレーキを踏む瞬間というのがあり、それらを「意識的に」行えているかどうかが大事なように思う。

イデアを「出す」場面と「叩く」場面は分けたほうがいい、と教わった話と似ているような気もする。

 

まっとうに仕事を続けている人間であれば、ブレーキを踏みっぱなしということは無いと思うが、安直に踏むことが多くなると、コースを走るタイムはだんだん遅くなっていくだろう。

しかし、気をつけたほうがいいのはきっと、知らず知らずのうちに、アクセルを踏みっぱなしにしてしまうことで、本人的には頑張っているつもりでも、オーバースピードでコーナリングが膨らんでしまったり、ホイルスピンで結局タイムロスをしてしまったり、酷くすると車を傷めたり、なんていうことにも繋がってしまうのではないだろうか。

 

大事なことは、今アクセルをベタ踏みするシーンなのか、きっちり減速する場面なのか、そこを正確に見極めて、その上で最速タイムを出せるようなアクションになっているか。

我を忘れてアクセルやブレーキを踏みすぎることなく、自分自身をコントロールできているか。

 

そのあたりは常に冷静でありたいと思う。

まぁ、ご参考ということで。