読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

耳年増になるな

エージェントを初めて2〜3年の頃だったろうか。

当時お会いして、今も親交のある方から、「エージェントの仕事は程々にして、いずれは別の仕事にチャレンジした方がいいよ。エージェントの仕事は、色々深い話を知り過ぎて、なんでもわかった様な、耳年増になってしまうからね。」と言われたことがある。

 

エージェントを長く続けるべきではない、という意見には反論が多くあるだろう(小生もその後何年も続けたし)。

しかし、なんでもわかった様な気になるから注意しろ、というお話は、本当に深く心に刺さった。

 

実際エージェントの仕事というのは、どこにも書かれていないビジネスの裏話が満載だからだ。

なるほどと唸らせる、成功譚もあれば、誰もが知っている有名企業の信じられない様なゴシップとか、それこそ「インサイダー情報」どころの話ではない。

 

だからこそ面白いのだが、ネガティブな裏話も多いので、エージェント業もだんだんこなれてくると、「この人(この企業)、こんなにカッコいいこと言ってるけど、実際はどんなもんだろうね?」と身構える癖がついてしまい、動きが悪くなって業績も頭打ちになり…、そんなタイミングの小生に頂いた言葉が、冒頭の「耳年増になるな」というものだった。

今の仕事もそうだが、外部から人や企業に関わる仕事というのは、どんなに工夫しても、相手の一部しか見えていない。

 

なので、たとえネガティブな情報が入ってきても、人によって見解は異なることだってある。

もちろん、致命的なネガティブ情報がある中での取引は厳禁だが、時間をかけ、多面的な見方をしながら相手を理解することを心がけ、決して足を止めない姿勢が大事なのではないかと考えている。

 

言い換えると、わかったつもりにならず、わかっていないかもしれない、という学びのスタンスは決して崩さず、それでいて無知ではないし、経験から学ばない訳でもないし、知恵者ぶって動かないのではなく、運動量を落とさない。

若い頃に頂いたアドバイスは、今そんな形で、小生の行動を規定している。

 

本当に感謝。

まぁ、ご参考ということで。