読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

ちゃんと偉い人と会話してますか?

お陰様で色々な会社からご相談を受けるわけです。

殆ど新規事業テーマだけれど、時に制度設計だったり、人事制度だったり、社内政治だったり、ビジネスプランそのものだったりする。

 

いい加減なやつだと思われたくはないし、一番避けたいのは「あなたがコンサルしてきた会社とウチは違うんです」という線引きをされてしまうと、歩み寄れなくなってしまうので、クライアントにあんまりこういうことは申し上げたくないのだが、「なんでそんなに難しく、めんどくさいことするかなぁ〜…取り敢えずやってみたらええやん!!」と言いたくなることは、ままある。

やったことがないから新規事業なのに、どうしてそんなに確実性を求めるのだろうか?

 

異性と付き合ったことのない人間が、デートのマニュアル読んだって上手くいかないし、現実は「想定外」だらけだから面白いんでしょう?

新規事業は未来に向けた種蒔きだと思えば、子育てと一緒なわけで、子供なんか親の思った通りに育ってくれないでしょう?

 

イノベーションを計画できると思っているのだろうか?

未来を予測できると思っているのだろうか?

 

実務担当の方々と、そんな内容でぶっちゃけトークをすると、だいたいみんな「そうなんです、仰る通りなんです、でもウチの偉い人は全然わかってくれなくて…」というやり取りになる。

でも、あえて外部のコンサル目線で思ってしまうのは、それこそ「ほんとかなぁ…?」と思うことがある。

 

だいたいの「偉い人」というのは、優秀だから偉くなった確率がやっぱり高い。

そういう人からすれば、単純に提案の中身がお眼鏡にかなっていないのかもしれない。

 

不確実性にチャレンジするんだから読めないものは読めない、という話を、膝詰めで話しきれていないのかもしれない。

もっと偉い人の決裁を取れる様、最も良いタイミングを見計らってくれているのかもしれない。

 

会社を動かすことに関して、転々流れてきた小生が申し上げるのもおかしいのだが、自分の意志を通すために、身近な偉い人と、本音で、膝詰めで、ちゃんと話しているだろうか?

実際、膝詰めで会話してみると、「なぁーんだ」なんていうこと、個人の経験としても、クライアントとの事例でも、良くありますよ。

 

ちゃんと偉い人と会話してますか?

まぁ、ご参考ということで。