読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

耳が痛い

昨日に続き、記事のシェアから。

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20170309_D

 

東レの佐々木さんと言えば、人事界隈(ワークライフバランス)では超有名人。

もう大分お年になられたなという個人的な感慨はともかく、相変わらずの佐々木節である。

 

端的に言えば、ワークライフバランスが取れないのは、日本人のプライベートが「貧しい」から、ということだろう。

仕事に逃げている、とも言える。

 

特に、「いっぱい働いて安心したい」という気持ちがあるという下りは、とても耳が痛い。

小生の同世代からプラスマイナス5歳くらいから、かなり家庭や子育てに突っ込んでいる男性会社員は多いと思うが、まだまだ「お手伝い」のレベルであることが殆ど(小生も含め)。

 

小生の場合は、かろうじて週末あれこれプライベートを確保しているが、平日にプライベートの介入する部分があるかというと、ほぼ存在しない。

極めて「貧しい」状況である。

 

今日の報道で、残業時間の特例上限を月間100時間とする話が出ていたが、月間100時間なんて、やればわかるが、そうそう続けられる業務量ではないし、続けられる状態というのは、裏を返せば「会社で生活している」ような状態で、案外集中した仕事になっていないことが多い。

働き方を色々見直すタイミングだからこそ、改めて佐々木さんのコメントは身にしみる。

 

まぁ、ご参考ということで。