読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

危機的な会社ほど、危機感がない

ビジネスよもやま話

表題は著名な経営者の富山和彦氏(産業再生機構等歴任)が仰っていたことである。

今日たまたま、そんな経営危機についての話になり、思い出した次第。

 

小生は大企業を経て、小さな会社に転身をした。

はじめのうちはあり得ないくらい順調だったが、ある事件を境に、会社は猛烈な逆風にさらされることになる。

 

「すわ、修羅場」と覚悟を決めていた小生は、あっさり肩透かしを食うことになる。

そう、危機的な会社ほど、危機感がないのだ。

 

頑張らなければ潰れるという局面にあってすら、ほとんどの社員が、様子を見ているもの。

そこをただ、一人暑苦しく動いたところで、誰もついて来ず、結局収拾がつかないところまで行ってしまう。

 

自分が本気になって騒ぐほど、何一つ動かない社員のリアクションとギャップが開き、最終的に愕然とする結果をもたらす。

なので、あまり焦らず、コツコツと変化を起こして行くしかないのだ。

 

これは経験したことがある人にしか、中々理解してもらえないと思うのだが。

まぁ、ご参考ということで。