読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

社会に爪痕を残す

今日、某社を代表するクリエイターと会話した際に、出てきた言葉がタイトルである。

正直、どちらが言い出したか覚えていないが、せっかく頑張って仕事に取り組むのだから、何か社会にインパクトを与えたいよね、という趣旨である。

 

ちょっと不穏当な表現ではあるが、別に目立ちたいとかそういうことではなく、形に残る、記憶に残る、歴史に残る仕事にチャレンジするのは、生存証明というか、本能的な欲求なのではないだろうか。

若い頃から、そういう感覚を大事にしてきたし、個人的にはもはや当たり前だと思っているので、みんな同じだと勝手に考えているのだが、いかがだろう?

 

社会に爪痕を残す欲求は、もちろん生涯をかけて実現させるようなものもあるし、その場その場、瞬間瞬間で発揮するものもある。

大概のミーティングで、何か爪痕を残すことを考えているので、「何のためにいるのかわからない」と思われることはないと思っているが、そういえば、「この人、何のためにいるんだろう?」という人は時々居る。

 

ということは、やっぱりみんな同じじゃないんだな、反省…。

ともかく、瞬間瞬間で爪痕を残す行為は、必ず次に繋がるので、絶対トライした方がいいと思うのだが。

 

言うまでもないが、爪痕を残すと言うのは、決して「傷付ける」と言う意味ではないので、念のため。

まぁ、ご参考ということで。