読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

インタビューのコツその2

キャリア、転職よもやま話 ビジネスよもやま話

さて、「貴方はどのような異性を魅力的だと感じるか?」という問いをするとして、もう一つの落とし穴は、小生がこの問いを提示しておいて恐縮だが、この質問そのものに含まれる。

というのは、このような抽象的な問いに対して、正確な回答ができる人間というのは、極めて稀だからだ。

 

よほど抽象的な思考に長けた人か、普段から「自分のタイプとは何か?」を考えているちょっと変わった人でもない限り、そもそも質問への回答そのものに戸惑ってしまう筈だ。

そして、その回答自体も、間違っていることが多い。

 

皆さんも、「自分の好みはこんなタイプ」と語っていた友人が、全然違うタイプの人間と付き合っているのを見たことがあるに違いない。

「なんだそれ?」である。

 

では、どのように聞くべきか?

それは即ち、「今付き合っている人(直近付き合った人)は、どんなタイプか?」である。

 

商品で言えば、リアルな購買体験を聞くということだ。

付き合っている人はどんな人か?どのような経緯で付き合うことになったのか?付き合っても良いと思ったポイントは何か?付き合って不満に思うところは何か?…etc 

 

こういった質問から得られるインサイトは、とても深いし、ほぼ正確である。

一つだけ、難しいことがあるとすると、相手に購買体験がない場合だ。

 

異性とお付き合いしたことがない、というのもあるし、住宅購入とか転職とか、あまり経験したことがない領域というのは存在する。

そういった場合は、あまり理想論を語ってもらっても、妄想に近い話しか出てこない。

 

なので、一つの方法としては、その人の近しい人がお付き合いしている人、買った家、経験した転職について、感想や考えを述べてもらうというのが、次善の策として良いのではないかと思う。

長くなったが、2日分をまとめると、「自分のアイデアを聞くな、相手の購買体験を聞け!」である。

 

まぁ、ご参考ということで。