読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

採用を知らないと、事業を立ち上げるのも難しい

事業を立ち上げて行くときに、色々なタイプのモデルがあるのだが、人材採用がキーになるものがある。

もちろん、要所要所で優秀な人材を確保して行くことは、多分全ての事業に必要なことなのだが、特定職務の人材を採用しなければ、大きくできない、もしくは成り立たない、という事業、もしくは事業計画というのは存在する。

 

その様な場合、事業主体に採用能力があるか、というのが、事業立ち上げの生死を分かつことだってあるのだ。

そうでなくても、新規事業の立ち上げは、伸るか反るかだから、人材の応募は多くない。

 

にもかかわらず、採用側の柔軟性が欠けていたりすると、立ち上げ期の大事なタイミングに、微妙なチームで戦わなければならなくなり、下手をすると戦う前から負けが見えている、という状態になりかねない。

たかが採用、されど採用、なのだ。

 

まぁ、ご参考ということで。