読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

たかがプレゼン、されどプレゼン

新規事業のお手伝いをしていると、その役割の一つとして、プレゼンテーションのブラッシュアップも担うことが多い。

プレゼンが上手じゃないと、初めて事業案を聞いた人には内容が伝わらないし、聞き手からは、「そんな初歩的なこと、死ぬ程考えたさ!」というレベルの質問が出てしまう。

 

そんな質問が出るということは、聞き手からすれば、「考えてない」レベルと「考えたけど伝わらない」レベルは同じということだ。

それはもうとても残念なこと。

 

いや、残念を通り越して、悔しい(怒りに近いか?)。

せっかく作ったフルコースを、全部ミキサーにかけて食べられた上に、「マズい」と言われたようなものだ。

 

もちろん、プレゼンが下手なのがいけないのだけれども。

斯様にプレゼンというのは、実態以上に見せることは出来ないが、勝負を握る重要なポイントである。

 

思えば、就職、転職における面接も、プレゼンと同じであろう。

限られた時間で、相手の求めることを、最も理解できる形で提供し、尚且つ自分の意思も伝え、一定の合意に至る。

 

それも、自分の人生がかかったプレゼンだ。

普通の仕事を通じてプレゼンをする機会はあるだろうが、人生がかかったプレゼンは、あまり経験することがないだろう。

 

だからなのだと思うが、小生の周囲で転職を重ねている人というのは、大体プレゼン上手な気がする。

そうじゃないと転職出来ない、という方が正しいのかもしれないが、そうやって自らの機会を切り開いているわけで。

 

たかがプレゼン、されどプレゼン。

まぁ、ご参考ということで。