読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

あるエグゼクティブとの会話

キャリア、転職よもやま話

■先方

大手企業に新卒入社し、現在主要子会社の代表を務め、もう直ぐ定年を迎えられるというステータス。

人事からセカンドキャリアの斡旋を受ける可能性はあるものの、それ以外の可能性も探りたい。

 

■当方より

・キャリアは一般的に、やりたいこと、やらなければならないこと、できること、という三者のバランスの上に成り立つと言われる。

一社でキャリアを全うされた方というのは、やってきたこと≒やりたいこと、として生きてこられたので、今の会社の枠組みを外れた中で、やりたいことというのを、改めて考えなければならない。

 

・やりたいことが見えないので、モヤモヤされているのではないかと推察するが、自分の中に答えが形成されていない状態で内省しても、おそらく永遠に答えが出ることはない。

故に、社外の方とお会いし、色々な案件を見たり、先輩後輩同期の転職談を聞き、それに自分がどのような感想を抱くのか、客観的に分析していくと、自分にとっての善悪、好き嫌い、求めるもの求めないものが見えてくるはずである。

 

・その辺りを短期集中で見定めるという方法も無いわけではないが、一定の時間をかけて、やりたいことを掘り下げながら、どうやって実現するかの準備期間として、人事が斡旋してくれるセカンドキャリアを捉えるということもできる。

また、70歳まで現役という世界感もあるので、やりたいことの実現は、「次の次」でも遅くないように思う。

 

・やりたいことが明確になれば、エージェントや周囲の方々は、きっとなんらかの形で手伝ってくれることと思う。

・変な案件もたくさんあるので、無理をしない方が良いのでは。

 

まぁ、ご参考ということで。