読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

すべての先人は打倒すべき存在である

キャリア、転職よもやま話 ビジネスよもやま話

なんだか階級闘争のような話で恐縮だ。

会社組織の中では、当然偉い人というのは存在する。

 

その偉い立場から得られる知見をもとに、平場の人間の更に上を行く見識を披露したりもして、平場の人間は、めげそうになる。

しかし、いま偉い人というのは、過去の経済環境下において成功したに過ぎず、現在の状況や、まして未来のことについて、当事者として責任を負っているわけではない。

 

そういう意味では、たとえ絶対権力者であっても、いずれ淘汰される運命である。

そして、その絶対権力者を淘汰するのが、あとに続く世代の使命でもある。

 

お行儀の良い会社ほど、先人の意向に従いすぎて、身動きが取れなくなってしまっているケースが多いが、そんなことを続けていると、先人の劣化と共に、自らも滅びてしまう。

故に、すべて先人は、打倒すべき存在である。

 

それも、奇手ではなく、横綱相撲で寄り切り、先人に引退を悟らせるのだ。

しかし、その先には、実はトップとしての強烈なプレッシャーが待っている。

 

そして初めて、「あぁ、絶対権力者であった先人も、このプレッシャーから逃れられる機会を、心待ちにしていたのだな」と思い知るのである。

そんなことを繰り返し、社会や組織は発展していくのだ。

 

いずれにしても、弟子は師匠を超えなければ存在価値はないのだから、努力し、戦い、倒す。

そのことから逃げてはいけないのだと思う。

 

まぁ、ご参考ということで。