読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

偉い人と仕事をする

転職相談なんかを受けていると、仕事における面倒くさい事象の殆どが、中間管理職によるものではないかなと思ったりする今日この頃。
もともと日本の会社の成り立ちで言えば、圧倒的な人手不足の中、あふれる需要をなんとかこなす為に、実務能力と権限を併せ持った中間管理職が機能していたはずである。

それが今や、ビジネスモデル自体が社会環境にそぐわなくなっている状況で、そのそぐわないビジネスモデルを守るだけの存在になってしまっていないだろうか。
寧ろその危機感は、現場から離れた経営サイドにあり、現場は現場で(わかっちゃいるけど)日常業務をこなすので精一杯、というところが、多くの会社の実態のような気がする。

だからこそ、イノベーションの為には、現場のイチ社員であったとしても、ラインを飛び越えて、「偉い人」と仕事をすることが期待されているように思う。
サラリーマン的には、とってもリスクが高いのだが(笑)、何にもしなければ、もっと大変なことになってしまうのが、これからの日本の状況なんじゃないかなぁと感じる今日この頃。

ちょっと言いっぱなしで無責任だが、まぁ、ご参考ということで。