読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

自由は怖い

キャリア、転職よもやま話

日本語というのはつくづく良くできているなぁと思うのだが、「身を固める」という表現がある。

https://kotobank.jp/word/%E8%BA%AB%E3%82%92%E5%9B%BA%E3%82%81%E3%82%8B-636942

 

こちらには、明快に「結婚して家庭を持つ」と書いてあるけれど、それに関わらず、年齢や経験を重ねていくと、色々固まっていくものだと思うのだ。

家庭を持てば、転職だって自分一人の問題ではなくなるし、子供がいればそれは尚更である。

 

ちゃんと経験を積めば積むほど、作り上げたものが大きくなるから、おいそれとキャリアチェンジというわけにも行かない。

キャリアの「残り時間」を意識するようになるから、そう何回も大勝負が出来るわけでもなくなる。

 

そうやって「固まって」いくと、人生において迷ったり、悩んだりする機会も減っていく。

というより、実際は選択肢が減っていくから迷いようがないのだ。

 

寂しいようにも思われるかもしれないが、無茶苦茶ポジティブに言えば、ある意味、冒険譚の末にハッピーエンドに辿り着いた、その後の状態と言えるのかもしれない。

若い人と話していて、真剣に悩んだり、迷いの中に居るのを感じると、自分自身の当時を振り返りつつ、自由というのは本質的に怖いものだ、と感じずにはいられない。

 

でも、その時期を過ぎた立場からすると、せっかく冒険譚の渦中に居るのだから、ぜひその冒険を楽しんで欲しいなと思う。

間違いなく成長の過程にある、という事なんだしね。

 

なんて、ジジくさい事を言いながらも、人生いつ何時、また冒険が始まるか、わからないのだけれど。

その時は恐怖におののく事無く、楽しみながら進んでいきたいものだ。

 

まぁ、ご参考ということで。