読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

自分の取説

キャリア、転職よもやま話

世に、「四十にして惑わず」という。
自身がそうなっているかというと、極めて怪しいと思うが、何に「惑わず」なのだろうか?

近い年齢になってツラツラと思うのは、自分が何を是とし、あるいは非とし、何が得意で、何が苦手なのかといった、己自身に対する理解ということではなかろうか。
「四十にして惑わず」という言葉には、将来のビジョンや使命といった、大きな話も含まれてくるのかもしれないが、少なくとも、己自身に対する理解ということであれば、広く共感できる話かと思う。

とは言え、自分の価値観や得意分野が理解できたとして、40歳でどんな機会が得られるのかというと、転職するにしても、しないにしても、幅広いものがあるわけではないかもしれない。
しかし、己を知るということは、戦略の初手の初手なので、きっと先々のビジネス経験には、とても意味があることなのではないだろうか。

言ってみれば、若い時によくわからない中で藻掻いていくステージから、自らの強みを理解したうえで、良い戦いを展開していくステージへ、というイメージ。
そう考えると、これからの職業人生は、とても楽しみなものになるのではと見込んでいる。

仕事の経験を積んだり、年齢を重ねていくことは、広い選択肢はなくなっていくかもしれないけれど、仕事の充実度は上がっていくのではないだろうか?
まぁ、ご参考ということで。