読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

あなたが転職できないのは、ゼネラリストだからではなくて、スペシャリストだからかもしれない

昨日参加した座談会を受けての話。

よく、ご自身で「自分はこれといってスキルがなく、ゼネラリストだから転職に苦戦しています」というお話をされる方がいる。

 

小生の出身母体の銀行一筋、なんていう方によくいらっしゃったりするし、小生自身もどちらかというとゼネラリストだとは思っている。

しかし、そういう方に限って、実は同業他社に転職するのであれば、即戦力で活躍できる経験を持っている。

 

本人に確認しても、業界の中だったら大体通用するし、実際成果をあげられるという感覚をお持ちだ。

そう、業界の中ではちゃんとした、立派なスペシャリストなのである。

 

むしろ容易に転職できると思われがちな、経理や人事、総務などの「スペシャリスト系」というのは、その職務でのジェネラルな経験、どこでも通じるスキルを持っている人、ということでしかない。

何も言葉遊びをしたいわけではない。

 

実際のご相談は、たいてい業界の外に出たい、というお話だったりもするし。

考えていただきたいのは、同業他社では十分通じるスキルを持っている、ということを、どのように分析し、評価するか、ということだ。

 

異業界に進出するのであれば、その応用先をよく考えなければならないし、本当に応用できるかを見極めなければならないし、同業と全く同じ年収評価になるかというと、難しいということもお分かりいただけるはずだ。

そのレベルまで思考を深めて初めて、「キャリアの棚卸」といえるのだと思っている。

 

間違ってもやってきたことを全部書き出すのが「キャリアの棚卸」ではない。

まぁ、ご参考ということで。