読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

年収2000万円の転職

最近小生のSNSのタイムライン上には、某社の「年収2000万円の転職」という広告コピーが頻繁に出てくる。
それにしても、と思うのだが、そんな広告でクリックしてしまう人というのは、「わかってない人」のような気がしてしまうのだが…。

皆さんが所属する会社は、普通につとめていれば、いつか年収2000万円になるだろうか?
多分ならないだろう。

上場会社でも、役員にならないとおそらくそのレンジには入っていかない。
昔は評価されていればあるいは、ということもあったが、バブルの名残もあっての事だと思う。

では、年収2000万円の転職とは、どんな世界だろうか?
ぱっと思いつくのは、外資系企業だ。

それもIT、金融、コンサルティングなどの、給与水準が高い業界の部長職以上のイメージ。
でもこれは結構専門の色が強く、似通った経験のある人にしか、門戸は開かれない。

故に、業界内で人も案件もぐるぐる回る。
先程、クリックしてしまうのは「わかってない人」と書いたのはこれで、「2000万円、
スゲー!」と思ってクリックしても、殆ど自分には出来ない案件ばかりのはずである。

日系企業なら、まぁ役員もしくはそれに準ずるクラスだが、これも余程ドンピシャの経験を持っている人じゃなければ、まずあり得ない。
また、そんな大金をはたいて外部人材を採用できる会社というのは、強権を持っている人物がいる会社なので、結構荒っぽい。

何より、それだけ年収の高いポジションというのは、首になる可能性も高い。
報酬が高い分、要求レベルも高いということだ。

年収2000万円のネット広告がおかしいと思うのは、その領域は、相応に専門性が求められ、それにふさわしい人材であれば、だいたいどんな機会があるか、自分である程度目星がついているものだし、リスクが高いから、おいしい話がネット経由でホイホイ転がり込んでくる訳もなく、2000万円の案件にふさわしい人は、あんまりクリックしないんじゃないか、ということだ。
それでもクリックするのは、野心的でリスクを理解していない、対象よりちょっと若い人、ということになりそうだ。

それはそれでエージェントとしてはビジネスになるので、そこまで考えて広告を打っているのだとしたら、たいしたものだと思うが。
まぁ、ご参考ということで。