読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

餅は餅屋

エージェントはエージェントである。
エージェントはエージェントでしかない、というべきか。

あるクライアントから、人探しを依頼されて、なんとか動いてみるものの、思うように話が進まない、ということはままある。
そんな場面で、クライアントの同業他社に所属している方からお話をお聞きすると、思いもよらない深い情報をお聞きすることがある。

業界の中での当該クライアントの評価、どんなところに特徴があるか、どんな人が実際に転職しているか、そんなクライアントに転職しそうな人は、今どこの会社で働いているか。
エージェントはどうしても、そのクライアントから聞いた話を、いったん受け止めた上で、転職希望者と話をしていくことが結構あるので、過去に採用に関わっていない領域は、思いの外、無知なものなのだ。

エージェントとお付き合いがあると、時々「何でこのエージェントは自分にこんな案件を紹介してくるのか?」と思われることがあると思うのだが、大概は上記のような場面なのだと思う。
プロとして大変お恥ずかしい話ではあるが、小生も過去そのようなことをたくさんやってきたと深く反省している。

当たり前の話だが、その業界のことは、その業界の人が最も詳しいのであって、本来未知の領域の採用依頼があった時は、まず業界の人にインタビューに行くのが正しいのだろうと思う次第。
本日改めてそんなことを思い知らされたので、反省文である。

まぁ、ご参考ということで。