人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

新規事業開発

「予定通り進まないプロジェクトの進め方」 読了 〜大事なのは勝利条件〜

リンクを貼る。 予定通り進まないプロジェクトの進め方 作者: 前田考歩,後藤洋平 出版社/メーカー: 宣伝会議 発売日: 2018/03/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 会社のメンバーが本書の著者が講師となっている研修に参加していて、内容に興味…

「実践!50歳からのライフシフト術」 読了 〜問題は年齢ではない〜

先ずはリンク。 実践! 50歳からのライフシフト術―葛藤・挫折・不安を乗り越えた22人 作者: 大野誠一,豊田義博,河野純子,ライフシフト・ジャパン 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2018/12/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 何事も準備は早め…

「SHOE DOG」 読了 ~ブランドからは窺い知れない苦難の歴史〜

リンクを張る。 SHOE DOG(シュードッグ) 作者: フィル・ナイト,大田黒奉之 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2017/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 評価が高いのは以前から耳にしていて、機会があれば是非読みたいと思っ…

「ロジカル・プレゼンテーション」 読了 ~コンサルの聖遺物とはまさに言いえて妙~

リンクを張る。 ロジカル・プレゼンテーション――自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」 作者: 高田貴久 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2004/02/01 メディア: 単行本 購入: 35人 クリック: 293回 この商品を含むブログ (58件) …

「12歳までの最強トレーニング」 読了 〜人に鍛えるべき時期はあるか〜

リンクを貼る。 12歳までの最強トレーニング 作者: 谷けいじ 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2018/04/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 本ブログで取り上げる書籍なのかは微妙だが、読書メモとしてあげておく。 本書…

「楽々ERDレッスン」 読了 〜ロジックが厳密であることの重要性〜

リンクはこちら。 楽々ERDレッスン (CodeZine BOOKS) 作者: (株)スターロジック羽生章洋 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2006/04/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 72人 クリック: 940回 この商品を含むブログ (120件) を見る たまたま仕事でER…

新規事業創出の際に「経営資源」について気をつけること

新規事業を検討する際には、自社の経営資源を活かせるかどうか、という論点は必ず登場する。 もちろん、そこが活かせないと、競争優位が作りにくいからではあるが(活かせないのなら裸一貫で始めるのと変わらないし、そのために本業のリソースが割かれるのだ…

「世界システム論講義」 読了 〜世界史はこう学ぶべき〜

リンクを貼る。 世界システム論講義: ヨーロッパと近代世界 (ちくま学芸文庫) 作者: 川北稔 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/01/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 本書は数ヶ月前にレビューを見て購入し、読もう読もうと思って…

「すぐに未来予測ができるようになる62の法則」 読了 〜安直な法則はもちろんあるわけないけれど〜

まずはリンク。 すぐに未来予測ができるようになる62の法則 作者: 日下公人 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2016/10/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 先日再読した、「確率思考の戦略論」に引用されていたこともあり、拝読した次第。…

WHATを定義するスキル

色々なクライアントと仕事をしていて、ここ数年でWBSを引くのが多くなったなぁと思う。 一応解説のリンクを貼っておく。 https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/COLUMN/20120214/381670/ WBSというのは、プロジェクトを作業レベルに分解して、プロジェクト…

「確率思考の戦略論」 再読 〜森岡作品コンプリート③〜

リンクを貼っておく。 確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 作者: 森岡毅,今西聖貴 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/06/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 本書を最初に読んだのは2年前の4月。…

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」 読了 〜森岡作品コンプリート②〜

リンクを貼る。 USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 作者: 森岡毅 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/04/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 元USJの森岡氏の著作をヒトさらいす…

「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」 読了 ~森岡作品コンプリート①~

リンクを張る。 USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫) 作者: 森岡毅 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/04/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る マーケティングの書籍をあらためて広く読みだしていて、…

ボトルネックを考える

ビジネスの世界で”ボトルネック”といえば、プロセスの中で最も生産性が落ちるポイントのことで、全体の出力がそのポイントの出力に依存してしまう(小生解釈)。 絵で示すと、瓶の注ぎ口のように出力が絞られてしまうので、その名がついている。 出力をあげ…

「世界史をつくった海賊」 読了 〜女王陛下の海賊たち〜

まずはリンク。 世界史をつくった海賊 (ちくま新書) 作者: 竹田いさみ 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/04/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 世界史系の書物は国際関係と未来予想の観点から、比較的読むようにしているのだが、本書…

「新版ランチェスター戦略」 読了 〜問題は敵をどう見つけるか〜

まずはリンク。 【新版】ランチェスター戦略 「弱者逆転」の法則 作者: 福永雅文 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2018/03/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る ランチェスター戦略の本を読んだのは、もう10年…

「人前で話すのが苦手な人でもササるプレゼン」 読了 〜原理原則、準備、練習の大切さ〜

まずはリンク。 人前で話すのが苦手な人でもササるプレゼン 絶対失敗しない!5ステップ 作者: 長谷川孝幸 出版社/メーカー: ごきげんビジネス出版 発売日: 2018/05/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 新規事業開発は、どこかの場面で大抵プ…

「顧客起点マーケティング」 読了 〜n=1の深いインサイト〜

リンクを貼る。 たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング(MarkeZine BOOKS) 作者: 西口一希 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2019/04/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る Facebook上でお勧めする友…

”プラットフォームビジネス”に気をつけろ

仕事柄、結構多くの事業計画書を読む。 その中で良くあるのが、「プラットフォームビジネス」を展開し、顧客を「囲い込む」的な表現である。 そういったことができれば素晴らしいし、そういう表現を記載したほうが「通る」んだろうけれど、小生としてはそう…

「写真の上達には近道がある」 読了 〜イノベーションとは新しい視点を得ること〜

リンクを貼る。 写真の上達には近道がある カメラの使い方より大切な「見る力」を身につける方法 作者: 重盛明人 出版社/メーカー: ごきげんビジネス出版 発売日: 2018/12/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 小生はカメラと家族の写真を撮る…

「中国人富裕層はなぜ『日本の老舗』が好きなのか」 読了 〜インバウンドおさらい〜

リンクを貼っておく。 中国人富裕層はなぜ「日本の老舗」が好きなのか ―中国インバウンド54のヒント 作者: 中島恵 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2018/02/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 著者の前著はこちら。 「爆買い」後、彼…

「情報参謀」 読了 〜結局は顧客の声に向き合えるか〜

リンクを貼る。 情報参謀 (講談社現代新書) 作者: 小口日出彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/07/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る これもまた講談社のセールで買ったのだけれど、先日イチローの件で触れた通り、野球ではデータ…

「利益を生むサービス思考」 読了 〜生産性向上もここにある〜

リンクを貼る。 世界一のメートル・ドテルが教える 利益を生むサービス思考 (光文社新書) 作者: 宮崎辰 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2019/01/18 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 新規事業開発というのは、まぁサービス設計なわけだけれど、…

ネーミングはモメる

新規事業開発、新サービス開発において、最後の最後に手こずるのが、ネーミングだと思う。 余程の確信があるか、肝入りのプロジェクトでもない限り、ネーミングのところで広告代理店などに発注する予算は、普通ないのではあるまいか。 そうなると、企画者自…

「捨てられる銀行3 未来の金融」 読了 〜「金融の未来」ではない〜

リンクを貼っておく。 捨てられる銀行3 未来の金融 「計測できない世界」を読む (講談社現代新書) 作者: 橋本卓典 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/02/13 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 金融出身で新規事業開発に携わる立場としては、読…

「どうする?日本企業」読了 〜厳しすぎて耳がいたい〜

まずはリンク。 どうする? 日本企業 作者: 三品和広 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2011/08/04 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 31回 この商品を含むブログ (11件) を見る 何度か申し上げているのだが、三品先生の大ファンなのである。 先…

「『エンタメ』の夜明け」 読了 〜これこそ新規事業〜

まずはリンク。 新装版「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日 (講談社+α文庫) 作者: 馬場康夫 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/01/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 冒頭申し上げてしまうが、これは圧巻に面白かった…

新規事業をめぐるいくつかの誤解

新規事業に関わる仕事をしていて、よくクライアントから質問を受けるのだが、新規事業にまつわる常識的に流通している話題の中で、「まぁそうなんだけど、ちょっと違うんだよなぁ」と感じることがある。 小生個人の意見なので、絶対正しいというつもりはない…

アイデアを捻り出す方法

基本的に、仕事において発想力で勝負しようとは考えていない。 多分、そういったものは特別な才能があったり、訓練を受けた人たちの領域だと思っている。 とはいえ、仕事での行き詰まりを打開するとか、やっぱり発想力を求められる瞬間というのは、どうして…

訃報に思う

昨日、クライアントでお仕事をご一緒した方の突然の訃報を聞く。 ほぼ一年、オンライン・オフラインで何度もやり取りをし、外部へのインタビューにも、ご一緒させていただいたりした方。 非常に実直なお人柄だったし、新規事業提案で解決しようとしていた社…