読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

ビジネスよもやま話

総合格闘技で最も強い格闘技は?

武道を嗜む関係もあり、格闘技全般が好きである(見るのもやるのも)。 色々見てみたり、やってみたりして思うのは、格闘技にはそれぞれ、成立した背景と、発展してきたプロセス、現在のあり方が存在している。 格闘技で一番注目されるのは、どうしても試合…

「死ぬ程働く」と「本気で働く」

以前も話題にしたとは思うが、最近また触れる機会があったので、改めて。 皆さんはこれまで、仕事で本気を出したことがあるだろうか? 「本気で働く」のと「死ぬ程働く」のは、いずれも多分ハードワークなのだが、同じではない。 端的に言えば、仕事に対して…

ホンモノの経営者に会う

前置きをしておくが、小生ごときが経営者の優劣を語るのは、大変に僭越な物言いであり、あくまでも社会人人生の中での「感想」ということでご容赦いただきたい。 営業の、それも比較的アグレッシブな(笑)タイプの営業の仕事が長かったので、基本的に可能な限…

プロジェクターのアダプター

最近は本当にミーティングでPCを液晶モニターに繋いだり、プロジェクターに繋いだり、という機会が増えた。 二度と読みもしない紙の資料を配られるのも勘弁願いたいし、その場で修正もできるしで、極めて合理的だと思う。 小生のPCは昨年夏に購入したモバイ…

良いところ、悪いところ

今日はたまたま、二つの別の会社のアイデアワークショップに関わる機会があった。 一社は運営する側、一社は見学させていただく側。 時間の長さは違うものの、それぞれやることはほとんど同じだし、運営もそう大きくは変わらない。 しかし面白いもので、「ヨ…

フルスイング、してますか?

なんとなくこんな記事が目に入る。 toyokeizai.net 前例踏襲型の無難な試みが若手にも定着してしまい、より一層イノベーションが起きなくなっているのでは、という内容だと理解した。 新規事業提案のお手伝いなどをしていると、起案者が慎重な提案をし、それ…

営業には勇気が必要

営業には勇気が必要というのは、小生の拙い営業経験からくる持論である。 「勇気が必要」というのには、いろいろ解釈はあると思う。 社外の人と折衝するというのに、そもそも勇気が必要という人もいるだろう。 本音では、断られるのが自分を否定されたようで…

上手に「下駄を預ける」

「下駄を預ける」という慣用句は、一任する、悪くすると丸投げする、というニュアンスがあるように思うが、ビジネスのコミュニケーションにおいて、特に上位者(上司、面接官、クライアント)との会話において、上手に行うことが大事ではないかと考えている。 …

上司の指示を聞く、その前に

海外駐在員の方から聞いたことがあるのだが、日本人駐在員に雇われていた家政婦は、別の国の駐在員のところに行くと嫌われるそうである(なのでそもそも雇われないらしい)。 というのは、日本人駐在員(とその奥様)が、家政婦を「使う」ことを遠慮してしま…

学んだものを捨てられるのか?

伝え聞きのエピソードで恐縮だ。 ある国の軍隊の格闘技教官が、訓練の最終試験として、実戦のシミュレーションを課すそうである。 (テーマが物騒で申し訳ないのだが)要人のオフィスに潜入し、暗殺するというミッションを、マネキン相手に訓練生に実行しても…

人生で何を残すか?

こんなことを考えるなんていよいよオッさんだなとツッコミを入れつつ…。 以前も言及したことがあるが、後藤新平の言葉に、「財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり」という言葉がある。 先日、ある会社の太陽光発電事業について、知人と会話をした…

学んだ知識は使ってみないとわからない

最近読んでなかなか面白かった本に、「確率思考の戦略論」という本があった。 https://www.amazon.co.jp/確率思考の戦略論-USJでも実証された数学マーケティングの力-森岡-毅/dp/4041041422/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1493288936&sr=8-1&keywords=確率思考の戦…

モノを「みる」目とは

「みる」という単語には、多くの漢字があてられる。 見る、観る、視る、診る、看る…。 武道の稽古では、師匠が何気なくやってみせた技から、どれだけのモノを見いだせるか、というのが勝負であり、修行者としての行く末を分かつ、致命的なポイントでもある。…

綺麗な生き様なんて無いんだよ

小生の周辺で直近話題になった記事といえばこちら。 http://ex-career.org/bankruptcy-6month-mm-0407/ ベンチャー企業のCFOとして、潰れそうな状態を如何に迎え、過ごしたかという話。 小生はCFOではなかったが、似たような危機は経験している。 あの時は本…

手段と目的を混同してはいけない

何度もこのテーマは扱っているような気がするが、大事だし今日も仕事で話題になったので、何度でも言及しておきたい。 ところで突然だが、みなさんは「武道」と「スポーツ」の違いはなんだと思われるだろうか? もちろん違いは色々あるのだが、その大きな違…

長いお付き合いを大事にしよう

本日は大学時代の同窓とお会いし、大いに盛り上がった次第。 小生の同窓は法曹の世界にいるので、直接的にビジネスの世界と関わりがある訳ではない。 しかし、小生の仕事でも、規制緩和や法改正が新規事業のメインイシューになることもあるし、法曹の世界だ…

耳年増になるな

エージェントを初めて2〜3年の頃だったろうか。 当時お会いして、今も親交のある方から、「エージェントの仕事は程々にして、いずれは別の仕事にチャレンジした方がいいよ。エージェントの仕事は、色々深い話を知り過ぎて、なんでもわかった様な、耳年増にな…

ちゃんと偉い人と会話してますか?

お陰様で色々な会社からご相談を受けるわけです。 殆ど新規事業テーマだけれど、時に制度設計だったり、人事制度だったり、社内政治だったり、ビジネスプランそのものだったりする。 いい加減なやつだと思われたくはないし、一番避けたいのは「あなたがコン…

大企業の人は変な劣等感を持つことはないと思う

それなりの年数社会人を続けていて、しかも10年以上ベンチャー企業(あえてスタートアップとは言わない)界隈をウォッチしている。 今はこの十数年で3回目くらいのベンチャーブーム、起業ブームの様に思うが、底堅く盛り上がり続けている。 底堅いのは、株式市…

成長に管理が追いつかないのが「成長期」

成長する企業には、人材のニーズが多くて、エージェントとしては良くお手伝いをさせていただいていた。 小生のクライアントは、上場準備会社であることも多く、企業としての成長と、「社会の公器」としての管理体制作りと、二兎を追わなければならない実態で…

見えない成長市場は本当にあるのだ

新規事業のお手伝いをしていると、これから伸びる分野は何処か、という議論になる。 議論しているだけでなく、色々な話を聞きに行ったり、アンテナ高く情報収集をしていると、ある関係者の中では有名な成長市場だったり、ニッチだけれどちょっとネットで調べ…

わからなければ人に聞く

わからなければ人に聞く。 今日は、最も当たり前だけど、最も強力な方法論を、改めて思い知らされた一日であった。 前にも書いたが、悶々としている状態、理解できない状態というのは、自分(達)の中に答えが無いということなので、そのまま思索や議論を続け…

情熱×ノウハウ×リソース

事業なり、プロジェクトなり、成功要因を因数分解した一つのあり方が、「情熱×ノウハウ×リソース」だと思う。 全部が揃っていれば、多分成功すると思う。 なので、成功するには三つのうち何が足りないかを見極めて、足りない部分を賄う努力をすれば良い。 自…

市場分析についての考え方

新規事業に関連して、検討している事業案の対象市場が何で、それがどうなっているか、というのはとても重要な論点である。 そもそも、成長している市場を探し出し、事業案を後から検討するという考え方もある。 しかし、市場分析をするためのデータというの…

ゴミを拾う話

若い頃、当時のおじさんから、教訓めいた話をたくさんされて、こんな話はもうみんな知っているかと思っている。 が、最近の若い方とお話しすると、案外ご存じない方もいらっしゃるので、一応申し上げておく。 道端にゴミが落ちていた時に、人間のリアクショ…

成長しない人間は自ら成長する機会を見過ごしている

「日々勉強です」「まだまだ修行が足りません」という様なことを仰る方々はよくいる。 大変謙虚で結構だと思うが、小生自身は表立って申し上げることはない。 その辺の言動に対して、一定の違和感を持っており、はっきり理由を申し上げられるわけではないが…

今期一年ありがとうございました。

来週から新天地に臨む方も、引き続き同じ持ち場で頑張る方も、微妙に変化が訪れる方も、色々いらっしゃると思います。 小生も一年、読んでいただくみなさんのお役に立つような内容を心がけて参りましたが、お楽しみいただけたでしょうか。 しょうもない炬燵…

コミュニケーションはパズルである

決まったスペースに、様々な形や大きさのピースを埋めるパズルがあるとする。 そのパズルの特殊なところは、全部のピースは納まらず、必ず入らないものが発生するということと、隙間なくスペースを埋めるのではなく、大きなピース(=優先度の高いピース)か…

転職180日プラン

企業投資、企業再生の世界では、「100日プラン」という概念がある。 投資実行のその日をDay1として100日間で、現状把握→課題の洗い出し→優先順位付けと対策構築→対策チーム組成→キックオフ、までを行うのである。 もちろん凄く大変なのだが、これを最初にや…

シンプルで本質的な質問は強力であるがそれゆえ役に立たない

シンプルで本質的な質問というのがある。 キャリア相談だったら、「あなたは何がしたいんですか?」なんかがそうだろうし、新規事業やスタートアップであれば、「顧客は誰ですか?」などが代表的だろう。 第三者が本人に対して、この問いを投げかけることは…

職場の人間関係は良くも悪くも長続きしない

こんな記事があって。 http://diamond.jp/articles/-/114610 中小企業経営では大変有名な株式会社武蔵野の小山社長のお話(とは言え個人的には「久し振り感」はあるが)。 課長は三年、新人は一年で異動を宣言することで、たとえ苦しくてもその環境が未来永劫…

大企業はやっぱり立派(なところもある)

今日はたまたま、銀行脱藩組同士で会話する機会があった。 辞めてわかる凄さ・ありがたさ、というのが、(ロクでもない人もたくさんいたが)立派な人が多かったという話と、物凄く教育を施してくれたという、いずれも人に関わる話。 小生も、事務系や営業系の…

介護系イベントに参加しての雑感

今日はクライアントのご招待で、ビックサイトで開催されている「ケアテックス2017」という、介護事業者さん向けの商談会イベントに参加してきた。 この領域の事業検討はまぁまぁ行ったことはあるが、業界インサイドのイベントに参加させていただくのは初であ…

同業他社への転職と産業構造の話

今日はこの記事を是非シェアしたい。 https://www.genius-japan.com/blog/toshiba ヘッドハンティング会社の方が、今話題の重電メーカー人材の行く末を論じている。 後半の転職の心構えや、変革期のリーダーシップの話も、示唆に富んでいるので、転職をお考…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その7

今日は、双方代理の功罪について、だ。 双方代理というのは、M&Aや不動産の世界で出てくることが多い概念だが、一人のプレイヤーが、売り手と買い手の代理人を同時に勤める状態を指す。 M&Aの世界では、日本の中では良くあるし(業界最大手がそうだ)、不動産…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その6

では、転職エージェントに、どのような「投げかけ」を行うのか? 前回の「相応しい転職者」像で考えると、 「この先ちょっとどうしたらいいのかなぁ」というところが、一番聞きたいところだろう。 もちろんそんな相談はケースバイケースだし、エージェントも…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その5

ということで、転職エージェントを含めた「マッチングビジネス」を成立させる要件を、三点に整理した。 では、転職を考えている人で、エージェント等の第三者に相談をするのが相応しいのはどんな人で、どんな「投げかけ」するのが良いのだろうか? 改めて要…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その4

「マッチングビジネス」を成立させる要件として、あまり論点にならないが、個人的に重要ではないかと思っているのが、「購買決定要因が曖昧である」ということではないだろうか。 「何を」「いくらで」買いたい、もしくは、「何を」「いくらで」「誰に」売り…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その3

もう一つ、「マッチングビジネスとビジネス」が成立する要件として、情報収集のコスト、というのがあると思う。 目の前のものを取り敢えず買っても、そう大きな問題にならないのであれば、深く検討はしないが、「取引のインパクト」が大きい場合、出来る限り…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その2

さて、「マッチングビジネス」が成立する要件である。 先ず話の整理として、介在者が存在しない取引を認識した上で、介在者が存在できる要件を探りたい。 田舎道を歩いていて、畑に美味しそうなキャベツが出荷を待っているのを目にした。 そこにいた生産者に…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その1

世の中には「マッチングビジネス」という表現をされるビジネスモデルが存在する。 売り手と買い手を媒介者が繋ぎ、売り手と買い手は取引を成立させる機会を得、媒介者はその取引に関わる手数料を得る。 不動産仲介や、証券市場なんかが代表的だし、最近だと…

全体から細部へ

物事を説明する時に、基本的なパターンというのがある。 一つの考え方としては、表題の「全体から細部へ」と、「細部から全体へ」というパターン。 細部から全体へ展開した方が、ストーリーとしては面白いんじゃないかと個人的には思っている。 ちょっとした…

異業種交流会を乗り切るコツ

新規開拓をミッションとしている人たちや、有名な事案の当事者の方々は、異業種交流会への参加という場面が避け難く存在する。 こういった機会で、ビジネスにつなげていくのは、そもそも難易度が高い。 その要因の一つが、参加者の多くが「機会を求める人」…

ウケる自己紹介について

最近、小生自身の自己紹介について褒められた機会があり、「そ、そうですか…?」という心象だったのだが、考えてみると、人前で自己紹介をしたり、自己紹介をするように促したり、という機会は、多分普通の人より多いと思う。 それは、会合や研修の運営なん…

本当は採用から

昨日は記事の更新をお休みしておりました。 大変失礼いたしました。 新規事業界隈で仕事をしていると、色々な会社と出会うし、色々な人と深い会話をする。 仕事の相談の一つに、新規事業がどんどん生まれてくるような会社の風土形成、制度設計といったオーダ…

上司の上司に会いに行こう

皆さんの上司はお幾つ位だろうか? だいたい四十代か五十代だと思う。 小生は四十代に突入したばかりだが、普通の会社の四十代というのは、二十年くらい働いているわりに、小生も含めて経験がショボい事が多い。 80年代のバブル崩壊後に社会人デビューし、気…

制度は制度、運用は運用

新規事業提案のお手伝いをしていて、先日終わったばかりのプロジェクトで、制度や人事異動を伴えば、それで終わりという起案者の提案に対して、そりゃ運用までケアしなければ、絵に描いた餅でしょうというご指摘をさせていただく場面があった。 あたらしい事…

危機的な会社ほど、危機感がない

表題は著名な経営者の富山和彦氏(産業再生機構等歴任)が仰っていたことである。 今日たまたま、そんな経営危機についての話になり、思い出した次第。 小生は大企業を経て、小さな会社に転身をした。 はじめのうちはあり得ないくらい順調だったが、ある事件を…

社会に爪痕を残す

今日、某社を代表するクリエイターと会話した際に、出てきた言葉がタイトルである。 正直、どちらが言い出したか覚えていないが、せっかく頑張って仕事に取り組むのだから、何か社会にインパクトを与えたいよね、という趣旨である。 ちょっと不穏当な表現で…

安直な副業を推奨するつもりはないものの

最近つくづく、これからの職業人が、会社の枠組みの中でビジネスに取り組むことが、どれほどの意味があるのかな、という風に思う。 もちろん会社に所属していなければ経験できないビジネスというのはある。 しかしその中で前向きに評価できるのは、あくまで…