人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

キャリア、転職よもやま話

本気で働いた経験はあるか

社会人経験ももうすぐまる20年を迎えようとしている。 偉そうなことを言いたいとは思わないし、言えるような立場とも思っていない。 しなくていい苦労はしたような気はするし、エージェントという多くの人のキャリアに関わる特殊な仕事をしてきた自覚はある…

「続 ドロップアウトのえらいひと」 読了 〜過ぎ去る時代と生き方と〜

リンクを貼る。 続 ドロップアウトのえらいひと 作者: 森永博志 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 2005/06/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (10件) を見る Kindleのデイリーセールでレコメンドされ、そ…

「僕が18年努めた会社を辞めた時、後悔した12のこと」 読了 〜このアドバイスはいつの時代まで活きるのか〜

リンクを貼る。 僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと 作者: 和田一郎 出版社/メーカー: バジリコ 発売日: 2015/02/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (7件) を見る たまたま著者のブログを読んだことがあり、ポチっていてしばし失念して…

「働く女の腹の底」 読了 〜やっぱり世の中は良くなっている、と思う〜

リンクを貼る。 働く女の腹の底 多様化する生き方・考え方 (光文社新書) 作者: 博報堂キャリジョ研 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2018/04/17 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 博報堂キャリジョ研という、働く20〜30代の女性のインサイトを研…

組織の「知」をどうやって残すのか?(ただの投げかけ)

企業の新規事業のお手伝いをしていて、つくづく考えるのだが、様々な試行錯誤が積み重なる新規事業ほど、企業にとって学びになるものは無い。 しかし多くの企業において、その学びは特定部門の特定人材に集中し、属人化してしまう。 大抵の企業には、「新規…

撤退もスムーズに出来ないものか

今日はこんな記事を目にして。 www.landerblue.co.jp 信じられないような(という表現すら傍観者の様で引っかかるが)低賃金労働や人権蹂躙の実態が明らかになりつつある技能実習制度であるが、その裏側には色々な背景が存在し、低賃金でなければ成り立たな…

「NASAより宇宙に近い町工場」 読了 〜世界初は世界一〜

リンクを貼る。 携書 NASAより宇宙に近い町工場 (ディスカヴァー携書) 作者: 植松努 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2015/12/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 小生は、本書の著者がTED でプレゼンするのを…

「情熱の階段」 読了 〜日本人闘牛士による激アツのストーリー〜

リンクを貼る。 情熱の階段 日本人闘牛士、たった一人の挑戦 (第一事業局単行本シリーズ) 作者: 濃野平 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/02/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る Amazonで本書のタイトル「情熱の階段」と検索すると出て…

気持ちを強く持つ

新規事業提案でも、普段の仕事でもいいのだが、偉い人に自分の意見を述べるという場面はよくあると思う。 もちろん転職の面接でも、退職交渉でもいいんだけれども。 そういう時に、ちゃんと自信を持って相手と向き合えているのか、というのはとても大事だと…

誰が言ったか?何を言ったか?

先日、ある上場企業の役員のお話をお伺いした際に、ご自身で気をつけていることとして、「誰が言ったかではなく、何を言ったか、を受け止めるようにしている」というお話があり、さすがだなと感心した次第。 もちろん理屈の上では、「何を言ったか?」が問わ…

「抜擢される人の人脈力」 読了 〜できる人は自然とやっている〜

リンクを貼る。 抜擢される人の人脈力―早回しで成長する人のセオリー 作者: 岡島悦子 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2013/06/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 著者はファンド/ベンチャー界隈では有名なヘッドハンター。 本書に…

「勇気ある人々」 読了 ~偉大なる先達と、褒め称える文化~

リンクを貼る。 勇気ある人々 作者: ジョン・F・ケネディ,宮本喜一 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2008/01/10 メディア: 単行本 クリック: 32回 この商品を含むブログ (9件) を見る Amazonでたまたま(?)高評価のレビューを見て、思わずポチった一冊…

「ビジネスフレームワーク図鑑」 読了 〜ビジネス百科事典〜

リンクを貼る。 ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70 作者: 株式会社アンド 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2018/08/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 出張の途上に、駅の本屋さんで手に…

「もう一つの幕末史」 読了 〜有為な人材は如何に見出されるか?〜

まずリンク。 もう一つの「幕末史」: “裏側”にこそ「本当の歴史」がある! (単行本) 作者: 半藤一利 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2015/05/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 日本史関係では結構有名な著者による一冊。 現代の日…

「人事と採用のセオリー」 読了 〜鉄板の実務書〜

リンクを貼る。 人事と採用のセオリー 成長企業に共通する組織運営の原理と原則 作者: 曽和利光 出版社/メーカー: ソシム 発売日: 2018/10/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 本書は、リクルート出身で、人事コンサルティング会社を営む著者に…

好きなタイプ

別に恋愛の話ではないよ。 それなりに長く生きていると、好きな人のタイプというのは、友人関係でもビジネス上の付き合いでも、いろいろ出てくると思う。 嫌いなタイプの話をしだすと、大抵の人は「世の中全般で嫌われるタイプ」に集約されると思うし、小生…

「世界の経営学者はいま何を考えているのか」 読了 〜背筋も凍る面白さ〜

リンクを貼る。 世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア 作者: 入山章栄 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2012/11/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 10人 クリック: 92回 この商品を含むブログ (59件) …

「ぶしゅ よなよなエールがお世話になります」 読了

リンクを貼る。 ぷしゅ よなよなエールがお世話になります 作者: 井手直行 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2016/04/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 皆さんは「よなよなエール」というクラフトビールをご存知だろうか? ビール大…

「天職は寝て待て」 読了

リンクを貼る。 天職は寝て待て?新しい転職・就活・キャリア論? (光文社新書) 作者: 山口周 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2012/06/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る いやー、Kindle Unlimitedありがとう、という感じである。 とりあえ…

「総合スーパーの興亡」 読了

まずはリンクを貼る。 総合スーパーの興亡 作者: 三品和広,三品ゼミ 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2011/03/25 メディア: 単行本 クリック: 20回 この商品を含むブログ (1件) を見る 何を隠そう小生は三品先生のファンである。 何冊読んだかわか…

終わらない仕事はない

社会人を20年もやっていると、結構ヤバい場面を通過してきている(思い出すと怖いので、詳細は振り返らないことにする)。 トラブル的にヤバい事もあったと思うし、業務量的にヤバい事もあった。 そして今も時々ヤバくなる。 流石にトラブル的なのは、この歳…

なぜ、毎日の「素振り」が必要なのか?

素振りは基本の練習だから大事だ、という人もいる。 大事な練習だから基本というのだよ、という人もいるのだけれど。 武道を軸に人生を切り開いている立場からすると、大事な理由は二つあると思っている。 一つは、人間はロボットではないので、一度身につけ…

「その幸運は偶然ではないんです!」 読了

リンクを貼る。 その幸運は偶然ではないんです! 作者: J.D.クランボルツ,A.S.レヴィン,John D. Krumboltz,Al S. Levin,花田 光世,大木 紀子,宮地 夕紀子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2005/11/18 メディア: 単行本 購入: 12人 クリック: 62回 こ…

相談する人は居ますか?

皆さんは困った時に、誰に相談するだろうか? 小生は普段、色々相談に乗る立場だけれど、例えば自分のキャリアとか、そういう、フラットに徹しきれないテーマの話になると、やっぱり相談相手は欲しくなる。 そういう時に、どんな人に相談に行くか? 小生の場…

左脳で考え、右脳で決める

転職をたくさんしてきて、それ以外にも色々重たい決断を下してきた人生なのだが(笑)、30歳くらいから意識していたのが、「左脳で考え、右脳で決める」ということ。 脳の役割からすれば、当たり前のことを言っているのだが、決断に当たって漫然と考えているだ…

「世界で通用する『地頭力』のつくり方」 読了

リンクはこちら。 世界で通用する「地頭力」のつくり方 自分をグローバル化する5+1の習慣 作者: 山中俊之 出版社/メーカー: CCCメディアハウス 発売日: 2018/02/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る デイリーのKindleセールで表示され、…

「楽しい場」を作れなければ上手くいかない

普通の仕事もそうだし、新規事業においてもそうだけれど、日々の業務の環境というのは、とても大事である。 上手くいくことばかりではないけれど、かといってそれで辛くなったり、必死じゃなければ生き延びられない「場」というのは、長く続くわけがない。 …

「1000億円のブームを生んだ考えぬく力」 読了

まずはリンク。 1000億円のブームを生んだ 考えぬく力 作者: 須永珠代 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2016/05/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 故あって”ふるさと納税”を諸々調べており、手にとって一気読みした次第。 本書は、…

「どこでも誰とでも働ける」 読了

まずはリンク。 どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール 作者: 尾原和啓 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2018/04/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 仕事術と転職が組み合…

人が集まり育つ仕組みを持たなければ、企業は成長しない

昨日のエントリは、優秀な人材の競争優位性みたいな言葉で締めてしまったが、これからの組織は、ますます優秀な人材の確保が、経営の鍵になっていくのだと思う。 まずもって明らかなのが、マクロ的な人材不足である。 そして、既存事業が衰退衰退する中では…