読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間到る処青山あり

諸々よもやま話(とりあえず)

キャリア、転職よもやま話

総合格闘技で最も強い格闘技は?

武道を嗜む関係もあり、格闘技全般が好きである(見るのもやるのも)。 色々見てみたり、やってみたりして思うのは、格闘技にはそれぞれ、成立した背景と、発展してきたプロセス、現在のあり方が存在している。 格闘技で一番注目されるのは、どうしても試合…

「死ぬ程働く」と「本気で働く」

以前も話題にしたとは思うが、最近また触れる機会があったので、改めて。 皆さんはこれまで、仕事で本気を出したことがあるだろうか? 「本気で働く」のと「死ぬ程働く」のは、いずれも多分ハードワークなのだが、同じではない。 端的に言えば、仕事に対して…

スキルの再現性

転職マーケットにおいては、さんざんその重要性が語られている話ではあるが、改めて。 現職でどれだけ素晴らしい経験を積まれていたとしても、新しい環境での機会を求めているのであれば、もっとも見られるのが、その素晴らしい経験が新しい環境で再現可能か…

中途入社者は生き残らなければならない

今日のリンクはこれ。 http://corp.en-japan.com/success/3508.html 詳しくはリンク先をご参照いただきたいが、中途採用者を早期に戦力化するために、いかに受け入れ態勢を整えるか、という論点である。 自ら多く転職し、また多くの転職を支援してきた立場と…

辞めた会社に対するポジティブなバイアスについて

人間というのは、過去を美化する生き物らしい。 いつまでも過去の苦しみに囚われていては、生きていけない故の防衛本能だろうと思っている。 それが変な形で現れるのが、表題の「辞めた会社に対するポジティブなバイアス」だ。 人間、せっかく意気揚々と転職…

営業には勇気が必要

営業には勇気が必要というのは、小生の拙い営業経験からくる持論である。 「勇気が必要」というのには、いろいろ解釈はあると思う。 社外の人と折衝するというのに、そもそも勇気が必要という人もいるだろう。 本音では、断られるのが自分を否定されたようで…

上手に「下駄を預ける」

「下駄を預ける」という慣用句は、一任する、悪くすると丸投げする、というニュアンスがあるように思うが、ビジネスのコミュニケーションにおいて、特に上位者(上司、面接官、クライアント)との会話において、上手に行うことが大事ではないかと考えている。 …

上司の指示を聞く、その前に

海外駐在員の方から聞いたことがあるのだが、日本人駐在員に雇われていた家政婦は、別の国の駐在員のところに行くと嫌われるそうである(なのでそもそも雇われないらしい)。 というのは、日本人駐在員(とその奥様)が、家政婦を「使う」ことを遠慮してしま…

目の前の一つ一つの人間関係を大事に

昨日更新をお休みしてしまったのは、長年お世話になった大先輩の、リタイアメント慰労会を行なっていて、想定以上に長くなってしまったから。 最初はなんとなく楽しく「お疲れ様でした」という感じで食事をし、積もる会話を重ねていた。 しかしその最中、ふ…

学んだ知識は使ってみないとわからない

最近読んでなかなか面白かった本に、「確率思考の戦略論」という本があった。 https://www.amazon.co.jp/確率思考の戦略論-USJでも実証された数学マーケティングの力-森岡-毅/dp/4041041422/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1493288936&sr=8-1&keywords=確率思考の戦…

綺麗な生き様なんて無いんだよ

小生の周辺で直近話題になった記事といえばこちら。 http://ex-career.org/bankruptcy-6month-mm-0407/ ベンチャー企業のCFOとして、潰れそうな状態を如何に迎え、過ごしたかという話。 小生はCFOではなかったが、似たような危機は経験している。 あの時は本…

耳年増になるな

エージェントを初めて2〜3年の頃だったろうか。 当時お会いして、今も親交のある方から、「エージェントの仕事は程々にして、いずれは別の仕事にチャレンジした方がいいよ。エージェントの仕事は、色々深い話を知り過ぎて、なんでもわかった様な、耳年増にな…

大企業の人は変な劣等感を持つことはないと思う

それなりの年数社会人を続けていて、しかも10年以上ベンチャー企業(あえてスタートアップとは言わない)界隈をウォッチしている。 今はこの十数年で3回目くらいのベンチャーブーム、起業ブームの様に思うが、底堅く盛り上がり続けている。 底堅いのは、株式市…

成長に管理が追いつかないのが「成長期」

成長する企業には、人材のニーズが多くて、エージェントとしては良くお手伝いをさせていただいていた。 小生のクライアントは、上場準備会社であることも多く、企業としての成長と、「社会の公器」としての管理体制作りと、二兎を追わなければならない実態で…

わからなければ人に聞く

わからなければ人に聞く。 今日は、最も当たり前だけど、最も強力な方法論を、改めて思い知らされた一日であった。 前にも書いたが、悶々としている状態、理解できない状態というのは、自分(達)の中に答えが無いということなので、そのまま思索や議論を続け…

趣味を仕事に生かす

何度かコメントしているが、小生は高校生の時から武道を学び始め、二十数年を経た現在もずっと稽古を続けている。 今も武道が本業だと思っている(世間的には趣味と言うべきなのだろう)が、今日はそのあたりと仕事との関わりの話を。 それこそ若い頃というの…

アクセルとブレーキ

個人的に気をつけていることなのだが、何事も(仕事でも遊びでも)アクセルを踏む瞬間と、ブレーキを踏む瞬間というのがあり、それらを「意識的に」行えているかどうかが大事なように思う。 アイデアを「出す」場面と「叩く」場面は分けたほうがいい、と教わ…

日本の会社にはプロが居ない

まぁ、「居ない」は大袈裟だ。 「結構少ない」位だろうか。 エージェント専業で仕事をしていた時に、クライアントの人事で、「いや〜、これまで営業一筋だったんですが、この度どういうわけか人事部長を拝命しまして…、しかしウチのメンバーは優秀で助かりま…

いま学生だったら、どの会社に入る?

社会人経験をそれなりに積んだいま、学生だったとしたら、どんな会社に入るだろうか? 完全な「タラレバ」論なので、考えるだけ無駄な様な気もしないでもないが、時代感や企業を見る目を考える意味では、悪くない思考実験だと思う。 小生が直感的に考えるの…

なぜ人は出世を目指すのか?

「出世する人になりたければ、◯◯しなさい」的な記事をたまたま読んだのだが、きょうびのビジネスパーソンで、「出世したい」と思っている人は、どれくらいいるのだろうか? より大きな仕事、より影響力のある仕事をしたい、というモチベーションはわかる。 …

ゴミを拾う話

若い頃、当時のおじさんから、教訓めいた話をたくさんされて、こんな話はもうみんな知っているかと思っている。 が、最近の若い方とお話しすると、案外ご存じない方もいらっしゃるので、一応申し上げておく。 道端にゴミが落ちていた時に、人間のリアクショ…

人事異動の季節ですね(今更)

今更だが、春は人事異動の季節。 小生の周りでも、大企業の方は異動のご案内をいただいたりしている。 小生も大企業勤めの時分は、異動の季節になるとソワソワしたものだ。 今の勤務状況に特段不満があるわけでは無いものの、新しい環境・新しい仕事に巡り会…

でも、「逃げる」転職があるのもわかっているよ

昨日のエントリは、お陰様で色々な方に読んでいただきました。 dai19761110.hatenablog.com ありきたりな若者の転職理由(のCM)に、酸いも甘いも経験したおっさんが突っ込む図式である。 でもね、酸いも甘いも経験したおっさんは、今の環境から逃げるために…

転職ナメたらあかん

小生は朝はラジオ派である。 某大手転職メディアのCMが割と流れてくるのだが、「入社して三年、そろそろキャリアアップ目指して転職したいんだよね〜」というセリフがある(どこのCMとまでは言うまい)。 最近はもう、怒りを通り越し、突っ込む気も失せ、完全…

転職180日プラン

企業投資、企業再生の世界では、「100日プラン」という概念がある。 投資実行のその日をDay1として100日間で、現状把握→課題の洗い出し→優先順位付けと対策構築→対策チーム組成→キックオフ、までを行うのである。 もちろん凄く大変なのだが、これを最初にや…

シンプルで本質的な質問は強力であるがそれゆえ役に立たない

シンプルで本質的な質問というのがある。 キャリア相談だったら、「あなたは何がしたいんですか?」なんかがそうだろうし、新規事業やスタートアップであれば、「顧客は誰ですか?」などが代表的だろう。 第三者が本人に対して、この問いを投げかけることは…

スキルを効果的に向上させるコツ

こんな記事がある。 http://gigazine.net/amp/20170309-how-to-practice-effectively スキルを上げるための反復練習がどのような構造で定着していくかのメカニズムと、要点として集中できる環境と反復継続の必要性を説いたもの。 一定の技術体系を学ぶ際には…

職場の人間関係は良くも悪くも長続きしない

こんな記事があって。 http://diamond.jp/articles/-/114610 中小企業経営では大変有名な株式会社武蔵野の小山社長のお話(とは言え個人的には「久し振り感」はあるが)。 課長は三年、新人は一年で異動を宣言することで、たとえ苦しくてもその環境が未来永劫…

大企業はやっぱり立派(なところもある)

今日はたまたま、銀行脱藩組同士で会話する機会があった。 辞めてわかる凄さ・ありがたさ、というのが、(ロクでもない人もたくさんいたが)立派な人が多かったという話と、物凄く教育を施してくれたという、いずれも人に関わる話。 小生も、事務系や営業系の…

耳が痛い

昨日に続き、記事のシェアから。 http://next.rikunabi.com/journal/entry/20170309_D 東レの佐々木さんと言えば、人事界隈(ワークライフバランス)では超有名人。 もう大分お年になられたなという個人的な感慨はともかく、相変わらずの佐々木節である。 端…

同業他社への転職と産業構造の話

今日はこの記事を是非シェアしたい。 https://www.genius-japan.com/blog/toshiba ヘッドハンティング会社の方が、今話題の重電メーカー人材の行く末を論じている。 後半の転職の心構えや、変革期のリーダーシップの話も、示唆に富んでいるので、転職をお考…

キッチリ詰めるとパンクする

こんな記事があって。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/022700049/030700008/?ST=spleaf 東大の西成先生という人は、流体力学の知見から、「渋滞学」という本を書いた人である。 渋滞をしないためには、各車両が40mの車間距離を保つ必要があると…

新天地に臨む若者に幸あれ

縁あって、色々とお話を伺っていた若者が、4月から新しい会社に移ることになった。 移るまでの色々な悩みはお聞きしていたし、決断してからのアレヤコレヤ(現職の引き継ぎも、新天地での導入も)もお聞きしたが、とにかく新天地で成功し、人としての幸せを…

何かに自信を持つことはいいことである

巷ではこんな本が話題だそうである。 https://www.amazon.co.jp/筋トレが最強のソリューションである-マッチョ社長が教える究極の悩み解決法-Testosterone-テストステロン/dp/4426608376 もっとも、小生の「巷」がどうかしているのかもしれないが…。 個人的…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その7

今日は、双方代理の功罪について、だ。 双方代理というのは、M&Aや不動産の世界で出てくることが多い概念だが、一人のプレイヤーが、売り手と買い手の代理人を同時に勤める状態を指す。 M&Aの世界では、日本の中では良くあるし(業界最大手がそうだ)、不動産…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その6

では、転職エージェントに、どのような「投げかけ」を行うのか? 前回の「相応しい転職者」像で考えると、 「この先ちょっとどうしたらいいのかなぁ」というところが、一番聞きたいところだろう。 もちろんそんな相談はケースバイケースだし、エージェントも…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その5

ということで、転職エージェントを含めた「マッチングビジネス」を成立させる要件を、三点に整理した。 では、転職を考えている人で、エージェント等の第三者に相談をするのが相応しいのはどんな人で、どんな「投げかけ」するのが良いのだろうか? 改めて要…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その4

「マッチングビジネス」を成立させる要件として、あまり論点にならないが、個人的に重要ではないかと思っているのが、「購買決定要因が曖昧である」ということではないだろうか。 「何を」「いくらで」買いたい、もしくは、「何を」「いくらで」「誰に」売り…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その3

もう一つ、「マッチングビジネスとビジネス」が成立する要件として、情報収集のコスト、というのがあると思う。 目の前のものを取り敢えず買っても、そう大きな問題にならないのであれば、深く検討はしないが、「取引のインパクト」が大きい場合、出来る限り…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その2

さて、「マッチングビジネス」が成立する要件である。 先ず話の整理として、介在者が存在しない取引を認識した上で、介在者が存在できる要件を探りたい。 田舎道を歩いていて、畑に美味しそうなキャベツが出荷を待っているのを目にした。 そこにいた生産者に…

転職エージェントも含めたマッチングビジネスと、自分のキャリアを何処まで第三者に預けるか、という話 その1

世の中には「マッチングビジネス」という表現をされるビジネスモデルが存在する。 売り手と買い手を媒介者が繋ぎ、売り手と買い手は取引を成立させる機会を得、媒介者はその取引に関わる手数料を得る。 不動産仲介や、証券市場なんかが代表的だし、最近だと…

「テーブルの向かい側への転職」

「テーブルの向かい側への転職」というのは、小生の造語である。 仕事の場面で、テーブルを挟んで向かい合う相手側への転職という意味だ。 人材エージェントが人事になるとか、広告代理店の人がクライアントのマーケティング職になるとか、戦略コンサルタン…

ウケる自己紹介について

最近、小生自身の自己紹介について褒められた機会があり、「そ、そうですか…?」という心象だったのだが、考えてみると、人前で自己紹介をしたり、自己紹介をするように促したり、という機会は、多分普通の人より多いと思う。 それは、会合や研修の運営なん…

本当は採用から

昨日は記事の更新をお休みしておりました。 大変失礼いたしました。 新規事業界隈で仕事をしていると、色々な会社と出会うし、色々な人と深い会話をする。 仕事の相談の一つに、新規事業がどんどん生まれてくるような会社の風土形成、制度設計といったオーダ…

上司の上司に会いに行こう

皆さんの上司はお幾つ位だろうか? だいたい四十代か五十代だと思う。 小生は四十代に突入したばかりだが、普通の会社の四十代というのは、二十年くらい働いているわりに、小生も含めて経験がショボい事が多い。 80年代のバブル崩壊後に社会人デビューし、気…

外部に繋がりを持つ

最近、「闇研究」「サイドプロジェクト」に興味があるので、ビジネスでの相談事を、そう言う切り口で見てしまうのだが、色々な企業でのイノベーションや人材育成についての課題を聞いていると、結局のところ、社員が自社のロジックで完結してしまっているこ…

社会に爪痕を残す

今日、某社を代表するクリエイターと会話した際に、出てきた言葉がタイトルである。 正直、どちらが言い出したか覚えていないが、せっかく頑張って仕事に取り組むのだから、何か社会にインパクトを与えたいよね、という趣旨である。 ちょっと不穏当な表現で…

安直な副業を推奨するつもりはないものの

最近つくづく、これからの職業人が、会社の枠組みの中でビジネスに取り組むことが、どれほどの意味があるのかな、という風に思う。 もちろん会社に所属していなければ経験できないビジネスというのはある。 しかしその中で前向きに評価できるのは、あくまで…

人手不足が止まらない

日本は言わずと知れた人口減少国家である。 一方で組織は人を雇い続けなければ、維持も覚束ない。 そのような意味では、長期で人材の「売り手市場」という読みは成り立つだろう。 それが崩れるとしたら、組織そのものが本格的にダメになって続々と倒れていく…

目の前の優しさは、却って大きな痛みになって返ってくる

言いたいことはタイトルそのままなのだが、東芝社の一連の顛末を見ていると、間違っている時は間違っていると言い、潰すべき事業は潰す、それが出来ないと結局、もっと大きな痛みになるんだよなと思う。 難しいのはわかっているし、軋轢を生むのもわかってい…